« 2012年7月 | メイン | 2012年9月 »

2012年8月 アーカイブ

2012年8月26日

米経済は再びリセッション(景気後退)に突入?ドル円は雲突破に失敗・・・ッ!人類はどこへ行くのか

今週の超重要経済指標・イベント

月曜早朝未来レート→こちら ※シカゴ投機筋ポジション

月曜日 Mon Aug 27
All Day GBP  Bank Holiday  ロンドン休場(サマー・バンクホリデー)    
17:00 EUR  German Ifo Business Climate IFO景況指数
  

火曜日 Tue Aug 28
23:00 USD  CB Consumer Confidence 消費者信頼感指数
  

水曜日 Wed Aug 29
21:30 USD  Prelim GDP
23:00 USD  Pending Home Sales 中古住宅販売保留
 

木曜日 Thu Aug 30
10:30 AUD  Building Approvals 建設許可件数
10:30 AUD  Private Capital Expenditure 民間設備投資
Tentative EUR  Italian 10-y Bond Auction イタリア国債入札
21:30 USD  Unemployment Claims   新規失業保険申請件数
 

金曜日 Fri Aug 31
21:30 CAD  GDP
23:00 USD  Fed Chairman Bernanke Speaks  バーナンキ発言
 

参考:Forex Calendar @ Forex Factory(日本時間はGMT+9、DST OFF)

  

DSC_5150_008.JPG

(タイトル:「黄金が雨のごとく降り注ぎ(大曲にて撮影)」)

続きを読む "米経済は再びリセッション(景気後退)に突入?ドル円は雲突破に失敗・・・ッ!人類はどこへ行くのか" »

Bollinger Bands再入門 3 原材料 The Raw Materials 【FX・株のテクニカル分析入門 第277号】

先ほど、メルマガ最新号

FX・株のテクニカル分析入門 第278号

Bollinger Bands再入門 4 時間論(前編)Time Frames

を発行致しました。

メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ

以下は前号のバックナンバーです。

続きを読む "Bollinger Bands再入門 3 原材料 The Raw Materials 【FX・株のテクニカル分析入門 第277号】" »

2012年8月20日

RBA議事録、FOMC議事録の週、ドル円日足、トレンドラインブレイク、雲突破間近、ボラティリティブレイクアウト!

今週の超重要経済指標・イベント

月曜早朝未来レート→こちら ※シカゴ投機筋ポジション

火曜日 Tue Aug 21 
10:30 AUD  Monetary Policy Meeting Minutes   RBA議事録  
 12:00 NZD  Inflation Expectations インフレ予測 
 

水曜日 Wed Aug 22
21:30 CAD  Core Retail Sales 小売売上高
 23:00 USD  Existing Home Sales  中古住宅販売件数
 

木曜日 Thu Aug 23
3:00 USD  FOMC Meeting Minutes FOMC議事録
 11:30 CNY  HSBC Flash Manufacturing PMI  
 16:30 EUR  German Flash Manufacturing PMI PMI製造業
 21:30 USD  Unemployment Claims  新規失業保険申請件数
 23:00 USD  New Home Sales 新築住宅販売件数
 

金曜日 Fri Aug 24
8:30 AUD  RBA Gov Stevens Speaks  
 17:30 GBP  Revised GDP   改定値GDP
 21:30 USD  Core Durable Goods Orders 耐久財受注

参考:Forex Calendar @ Forex Factory(日本時間はGMT+9、DST OFF)

  

DSC_9445_007.JPG

(タイトル:「夏夜の風になびく華」)

続きを読む "RBA議事録、FOMC議事録の週、ドル円日足、トレンドラインブレイク、雲突破間近、ボラティリティブレイクアウト!" »

2012年8月18日

Bollinger Bands再入門 2 基本哲学、相対性原理 【FX・株のテクニカル分析入門 第276号】

先ほど、メルマガ最新号

FX・株のテクニカル分析入門 第277号

Bollinger Bands再入門 3 原材料 The Raw Materials

を発行致しました。

メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ

以下は前号のバックナンバーです。

続きを読む "Bollinger Bands再入門 2 基本哲学、相対性原理 【FX・株のテクニカル分析入門 第276号】" »

2012年8月12日

米CPIの週、オリンピック終了、為替への影響は?ポンド・ユーロの行方、ドル円はボリンジャーバンドが急速に収斂中

今週の超重要経済指標・イベント

月曜早朝未来レート→こちら ※シカゴ投機筋ポジション

火曜日 Tue Aug 14 
7:45 NZD  Core Retail Sales 小売売上高 
 17:30 GBP  CPI 消費者物価指数
 18:00 EUR  German ZEW Economic Sentiment ZEW景況感調査
 21:30 USD  Core Retail Sales 小売売上高
 21:30 USD  PPI 生産者物価指数
 

水曜日 Wed Aug 15
All Day EUR  French Bank Holiday   
 All Day EUR  Italian Bank Holiday     
 17:30 GBP  Claimant Count Change 失業保険申請件数
 17:30 GBP  MPC Meeting Minutes BOE議事録
 21:30 USD  Core CPI 消費者物価指数
 

木曜日 Thu Aug 16
17:30 GBP  Retail Sales 小売売上高
 21:30 USD  Building Permits 建設許可件数
 21:30 USD  Unemployment Claims 失業保険申請件数
 23:00 USD  Philly Fed Manufacturing Index フィラデルフィア連銀景況指数
 

金曜日 Fri Aug 17
7:45 NZD  PPI Input  生産者物価指数
 21:30 CAD  Core CPI 消費者物価指数
 22:55 USD  Prelim UoM Consumer Sentiment ミシガン大消費者信頼感指数

参考:Forex Calendar @ Forex Factory(日本時間はGMT+9、DST OFF)

  

DSC_0502_004.JPG

(タイトル:「湖上に咲く華」)

続きを読む "米CPIの週、オリンピック終了、為替への影響は?ポンド・ユーロの行方、ドル円はボリンジャーバンドが急速に収斂中" »

Bollinger Bands再入門 1 概要 【FX・株のテクニカル分析入門 第275号】

先ほど、メルマガ最新号

FX・株のテクニカル分析入門 第276号

Bollinger Bands再入門 2 基本哲学、相対性原理

を発行致しました。

メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ

以下は前号のバックナンバーです。

続きを読む "Bollinger Bands再入門 1 概要 【FX・株のテクニカル分析入門 第275号】" »

2012年8月 6日

RBA金利、日本経常収支、日銀政策金利の週、祭りの後、ユーロドル週足で抱きの一本立ち示現→その後・・・?

今週の超重要経済指標・イベント

月曜早朝未来レート→こちら ※シカゴ投機筋ポジション

月曜日 Mon Aug 6
All Day AUD  Bank Holiday  シドニー休場(バンクホリデー)   
 All Day CAD  Bank Holiday   トロント休場(シビック・デー)  
 22:00 USD  Fed Chairman Bernanke Speaks     
 

火曜日 Tue Aug 7
13:30 AUD  Cash Rate RBAキャッシュターゲット
 13:30 AUD  RBA Rate Statement  
 16:00 CHF  Foreign Currency Reserves  
 16:15 CHF  CPI 消費者物価指数
 17:30 GBP  Manufacturing Production 鉱工業生産
 21:30 CAD  Building Permits 建設許可件数
 23:00 CAD  Ivey PMI 
 

水曜日 Wed Aug 8
3:30 USD  Fed Chairman Bernanke Speaks  
 8:50 JPY  Current Account  経常収支
 18:30 GBP  BOE Inflation Report   
 

木曜日 Thu Aug 9
7:45 NZD  Employment Change 雇用者数変化 
 7:45 NZD  Unemployment Rate 失業率
 10:30 AUD  Employment Change  雇用者数変化
 10:30 AUD  Unemployment Rate 失業率
 10:30 CNY  CPI 中国の消費者物価指数
 Tentative JPY  Monetary Policy Statement  
 Tentative JPY  Overnight Call Rate  日銀政策金利
 Tentative JPY  BOJ Press Conference    
 21:30 CAD  Trade Balance  貿易収支 
 21:30 USD  Trade Balance  貿易収支
 21:30 USD  Unemployment Claims  新規失業保険申請件数
 

金曜日 Fri Aug 10
10:30 AUD  RBA Monetary Policy Statement 
 Tentative CNY  Trade Balance 貿易収支  
 17:30 GBP  PPI Input 生産者物価指数
 21:30 CAD  Employment Change 雇用者数変化
 21:30 CAD  Unemployment Rate 失業率

    

参考:Forex Calendar @ Forex Factory(日本時間はGMT+9、DST OFF)

DSC_9680_003.JPG

(タイトル:「梅田の夏夜」)

続きを読む "RBA金利、日本経常収支、日銀政策金利の週、祭りの後、ユーロドル週足で抱きの一本立ち示現→その後・・・?" »

2012年8月 4日

StdDevRange 標準偏差レンジ 5 ボラティリティブレイクアウト 【FX・株のテクニカル分析入門 第274号】

先ほど、メルマガ最新号

FX・株のテクニカル分析入門 第275号

Bollinger Bands再入門 1 概要

を発行致しました。

メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ

以下は前号のバックナンバーです。

続きを読む "StdDevRange 標準偏差レンジ 5 ボラティリティブレイクアウト 【FX・株のテクニカル分析入門 第274号】" »

米雇用統計まとめ 8月

2012/08/03 (金) 21:30

非農業部門雇用者数(7月)
結果 163千人 予想を上回るサプライズの好結果!
予想 100千人 
前回 64千人(80千人から修正) 下方修正

失業率(7月)
結果 8.3% 予想を上回る悪化!サプライズの悪材料!
予想 8.2% 
前回 8.2%

    

今回の雇用統計は、

失業率は予想を超える悪化

非農業部門雇用者数は、前回数値が下方修正だったものの、

今回の結果は予想を大きく上回る好結果となりました。

   

文句なしの好結果、悪結果、というわけではなく、

両方が入り交じった、まちまちな結果となりました。

   

常識的、ファンダメンタル分析的に考えれば、

売り買い激しく殴り合いの乱高下!

となるのではないかと思えます。

少なくとも、一方的な上昇、下落になる材料には思えません。

      

では、この材料を受けて、机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

   

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・NYダウ の値動き → 上昇?下落?

・ドル円 の値動き → 上昇?下落?

・ユーロドル の値動き → 上昇?下落?

・ユーロ円 の値動き → 上昇?下落?

・ポンドドル の値動き → 上昇?下落?

・ポンド円 の値動き → 上昇?下落?

・原油 の値動き → 上昇?下落?

・金 の値動き → 上昇?下落?

続きを読む "米雇用統計まとめ 8月" »

2012年8月 3日

BOE、ECB政策金利まとめ 8月

2012/08/02 (木)

20:00 英中銀政策金利 
結果 0.50% 予想どおりの金利据え置き
予想 0.50% 
現行 0.50%

20:00 資産購入枠 
結果 3750億ポンド 予想どおりの据え置き
予想 3750億ポンド 
現行 3750億ポンド

   

20:45 ECB政策金利
結果 0.75% 予想どおりの据え置き サプライズ一切なし
予想 0.75% 
現行 0.75%

    

21:30ごろから ECB総裁ドラギ会見

ドラギ.jpg

インフレ率は今年、一段と低下へ。」
「ユーロ圏の成長は引き続き弱い。」
「高まる不確実性がユーロ圏の信頼感に重し。」
高い利回りは受け入れられない。」
ECBはさらなる非標準的措置取るかもしれない。」
「ECBは買い切り公開市場操作を実施する可能性。」
「経済見通しへのリスクは引き続き下向き。」
インフレ見通しへのリスクはおおむね均衡。」
ECBは利下げを協議した。」
「非標準的措置を講じる可能性、今後数週間で手順策定へ。」
「公開市場操作で買い切りを実施する可能性。」
「公開市場操作、適切な規模で行う。」
「ECBは政府の代わりはできない。」
「ECBが介入するには救済基金の措置も必要。」
マイナス預金金利はわれわれにとってはかなり未踏の領域。」
「ECBは短期のイールドカーブを重視する。」
「現在のESMの枠組みでは銀行免許を与えるわけにはいかない。」
「銀行免許付与は政府次第。」
「独連銀総裁は債券購入に関して態度保留。」
「新たなECBプログラムはこれまでのとは違う、前提条件が必要。」
「取り組みはイールドカーブの短期部分に焦点、SMPとはかなり違う。」
「ECBが不胎化するかしないかを語るのは時期尚早。」

       

BOE金利は、

市場予想どおりの据え置きで

サプライズは全くなし。

  

ECB金利も、

市場予想どおりの据え置きで、

サプライズは皆無。

   

その後のECB総裁ドラギ会見は、

まさに総悲観という感じで、

なんと、さらなる利下げの示唆、

そしてなんと、マイナス金利などというメチャクチャな話が飛び出してきました。

ホンマでっか!!??と言いたくなるような衝撃的な内容でした。

         

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・BOE金利では、材料織り込み済みで動かず、

ECB金利でも、材料織り込み済みで反応無く、

・ドラギ会見で、ダメダコリャとなって暴落!

となるのが自然に思えます。

   

では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

   

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "BOE、ECB政策金利まとめ 8月" »

2012年8月 2日

FOMC政策金利、声明全文 まとめ 8月、各国政策金利一覧

日本時間 2012/08/02 (木) 3:13ごろ発表 (3:15の予定が若干のフライング)

Press Release
 
Release Date: August 1, 2012

For immediate release


Information received since the Federal Open Market Committee met in June suggests that economic activity decelerated somewhat over the first half of this year. Growth in employment has been slow in recent months, and the unemployment rate remains elevated. Business fixed investment has continued to advance. Household spending has been rising at a somewhat slower pace than earlier in the year. Despite some further signs of improvement, the housing sector remains depressed. Inflation has declined since earlier this year, mainly reflecting lower prices of crude oil and gasoline, and longer-term inflation expectations have remained stable.

Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The Committee expects economic growth to remain moderate over coming quarters and then to pick up very gradually. Consequently, the Committee anticipates that the unemployment rate will decline only slowly toward levels that it judges to be consistent with its dual mandate. Furthermore, strains in global financial markets continue to pose significant downside risks to the economic outlook. The Committee anticipates that inflation over the medium term will run at or below the rate that it judges most consistent with its dual mandate.

To support a stronger economic recovery and to help ensure that inflation, over time, is at the rate most consistent with its dual mandate, the Committee expects to maintain a highly accommodative stance for monetary policy. In particular, the Committee decided today to keep the target range for the federal funds rate at 0 to 1/4 percent and currently anticipates that economic conditions--including low rates of resource utilization and a subdued outlook for inflation over the medium run--are likely to warrant exceptionally low levels for the federal funds rate at least through late 2014.

The Committee also decided to continue through the end of the year its program to extend the average maturity of its holdings of securities as announced in June, and it is maintaining its existing policy of reinvesting principal payments from its holdings of agency debt and agency mortgage-backed securities in agency mortgage-backed securities. The Committee will closely monitor incoming information on economic and financial developments and will provide additional accommodation as needed to promote a stronger economic recovery and sustained improvement in labor market conditions in a context of price stability.

Voting for the FOMC monetary policy action were: Ben S. Bernanke, Chairman; William C. Dudley, Vice Chairman; Elizabeth A. Duke; Dennis P. Lockhart; Sandra Pianalto; Jerome H. Powell; Sarah Bloom Raskin; Jeremy C. Stein; Daniel K. Tarullo; John C. Williams; and Janet L. Yellen. Voting against the action was Jeffrey M. Lacker, who preferred to omit the description of the time period over which economic conditions are likely to warrant an exceptionally low level of the federal funds rate. (いつものおじちゃんが反対)

FRB: Press Release--Federal Reserve issues FOMC statement--August 1, 2012
http://www.federalreserve.gov/newsevents/press/monetary/20120801a.htm

         
 

市場予想どおりの実質ゼロ金利据え置きでした。

そして、前回と同様、例の2014年終盤まで異例の低金利を続けることが明記されました。

そしてこれも前回と同様、反対票を投じたのは1名で、

理由は、異例の低金利を保証する期間(2014年まで云々)の記述を省くべきだというものでした。

   

      

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると、

特に材料視するような要素は何も無く、

株  ほとんど動かず!!

ドル ほとんど動かず!!

となるのが自然に思えます。

      

では、この材料を受けて、机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

   

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください。

・NYダウ の値動き → 上昇?下落?

・ドル円 の値動き → 上昇?下落?

・ユーロドル の値動き → 上昇?下落?

・ユーロ円 の値動き → 上昇?下落?

・ポンドドル の値動き → 上昇?下落?

・ポンド円 の値動き → 上昇?下落?

・原油 の値動き → 上昇?下落?

・金 の値動き → 上昇?下落?  

続きを読む "FOMC政策金利、声明全文 まとめ 8月、各国政策金利一覧" »

2012年8月 1日

FXキャンペーン最新情報 8月!

弊ブログで管理しております外為FX業者比較完全データベースですが、

外為FX業者比較完全データベース.PNG

データを更新いたしました。

   

2012.8.1

・キャンペーンデータを全面的に更新しました 。

キャンペーン一覧

【もれなく1万円】プレゼントキャンペーン一覧

【もれなく5000円】プレゼントキャンペーン一覧

【もれなく3000円】プレゼントキャンペーン一覧

【取引高に応じてキャッシュバック】プレゼントキャンペーン一覧

    

おすすめキャンペーン ピックアップ。

外為オンライン 口座開設+1万通貨取引で5000円ゲット。(ほぼノーリスク)→詳しくはこちら
 
トレイダーズ証券 口座開設+1万通貨取引で5000円ゲット。(ほぼノーリスク)→詳しくはこちら
 
外為ジャパン(旧社名MJ) 口座開設+1万通貨取引で5000円ゲット。(ほぼノーリスク)→詳しくはこちら
 

    

以下は、今月のキャンペーン一覧です。

続きを読む "FXキャンペーン最新情報 8月!" »

Sponsored Link

オススメのFX本

オススメ1位
マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣
必読。実戦経験を積むと、この本の偉大さがわかります。

オススメ2位
生き残りのディーリング決定版―相場読本シリーズ<10>矢口 新
中級以上へのステップアップに。

オススメ3位
投資苑 - 心理・戦略・資金管理
中級以上へのステップアップに。

入門にオススメ
外国為替トレード 勝利の方程式


Amazon Kindleストア

カテゴリー


全記事

FX業者手数料比較 当ブログで管理している、FX業者比較検索サイトです。国内最大のデータベースを自負しています。手数料順、スワップポイント順、キャンペーンをしている業者さん、くりっく365参加業者さんなど20以上の条件を組み合わせて比較検索が可能です。【サイトはこちら

アーカイブ

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログポリシー

当ブログは、リンクフリー、トラックバックフリーです。 ご自由にどんどんやっちゃってください。
投資系ブログ・サイト様の相互リンクも大募集中です。

Mail: fx@fxtechnical.net (スパム対策の為に@を全角にしています。送信時には半角の@に直してください。)

当ブログからの引用は、当ブログ名を記載し、引用元へのリンクを張っていただければ、 自由にしていただいてかまいません。
(盗用に対しては、著作権法および民法上の権利を行使させていただきます。)

フィードを取得

RSS 2.0  ATOM
お気に入りに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスカウンタ