« 2013年12月 | メイン | 2014年2月 »

2014年1月 アーカイブ

2014年1月30日

FOMC声明まとめ 1月 さよならバーナンキ、各国政策金利一覧

FOMC声明 日本時間 2014/1/30 (木) 04:00ごろ発表

前回のFOMC声明はこちら

    

Press Release

Release Date: January 29, 2014

For immediate release
Information received since the Federal Open Market Committee met in December indicates that growth in economic activity picked up in recent quarters. Labor market indicators were mixed but on balance showed further improvement. The unemployment rate declined but remains elevated. Household spending and business fixed investment advanced more quickly in recent months, while the recovery in the housing sector slowed somewhat. Fiscal policy is restraining economic growth, although the extent of restraint is diminishing. Inflation has been running below the Committee's longer-run objective, but longer-term inflation expectations have remained stable.

Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The Committee expects that, with appropriate policy accommodation, economic activity will expand at a moderate pace and the unemployment rate will gradually decline toward levels the Committee judges consistent with its dual mandate. The Committee sees the risks to the outlook for the economy and the labor market as having become more nearly balanced. The Committee recognizes that inflation persistently below its 2 percent objective could pose risks to economic performance, and it is monitoring inflation developments carefully for evidence that inflation will move back toward its objective over the medium term.

Taking into account the extent of federal fiscal retrenchment since the inception of its current asset purchase program, the Committee continues to see the improvement in economic activity and labor market conditions over that period as consistent with growing underlying strength in the broader economy. In light of the cumulative progress toward maximum employment and the improvement in the outlook for labor market conditions, the Committee decided to make a further measured reduction in the pace of its asset purchases. Beginning in February, the Committee will add to its holdings of agency mortgage-backed securities at a pace of $30 billion per month rather than $35 billion per month, and will add to its holdings of longer-term Treasury securities at a pace of $35 billion per month rather than $40 billion per month. (QE3実施規模、さらに縮小!!!前回750億ドル→650億ドルへ縮小) The Committee is maintaining its existing policy of reinvesting principal payments from its holdings of agency debt and agency mortgage-backed securities in agency mortgage-backed securities and of rolling over maturing Treasury securities at auction. The Committee's sizable and still-increasing holdings of longer-term securities should maintain downward pressure on longer-term interest rates, support mortgage markets, and help to make broader financial conditions more accommodative, which in turn should promote a stronger economic recovery and help to ensure that inflation, over time, is at the rate most consistent with the Committee's dual mandate.

The Committee will closely monitor incoming information on economic and financial developments in coming months and will continue its purchases of Treasury and agency mortgage-backed securities, and employ its other  policy tools as appropriate, until the outlook for the labor market has improved substantially in a context of price stability. If incoming information broadly supports the Committee's expectation of ongoing improvement in labor market conditions and inflation moving back toward its longer-run objective, the Committee will likely reduce the pace of asset purchases in further measured steps at future meetings. However, asset purchases are not on a preset course, and the Committee's decisions about their pace will remain contingent on the Committee's outlook for the labor market and inflation as well as its assessment of the likely efficacy and costs of such purchases.

To support continued progress toward maximum employment and price stability, the Committee today reaffirmed its view that a highly accommodative stance of monetary policy will remain appropriate for a considerable time after the asset purchase program ends and the economic recovery strengthens. The Committee also reaffirmed its expectation that the current exceptionally low target range for the federal funds rate of 0 to 1/4 percent will be appropriate at least as long as the unemployment rate remains above 6-1/2 percent, inflation between one and two years ahead is projected to be no more than a half percentage point above the Committee's 2 percent longer-run goal, and longer-term inflation expectations continue to be well anchored. In determining how long to maintain a highly accommodative stance of monetary policy, the Committee will also consider other information, including additional measures of labor market conditions, indicators of inflation pressures and inflation expectations, and readings on financial developments. The Committee continues to anticipate, based on its assessment of these factors, that it likely will be appropriate to maintain the current target range for the federal funds rate well past the time that the unemployment rate declines below 6-1/2 percent, especially if projected inflation continues to run below the Committee's 2 percent longer-run goal. When the Committee decides to begin to remove policy accommodation, it will take a balanced approach consistent with its longer-run goals of maximum employment and inflation of 2 percent.

Voting for the FOMC monetary policy action were: Ben S. Bernanke, Chairman; William C. Dudley, Vice Chairman; Richard W. Fisher; Narayana Kocherlakota; Sandra Pianalto; Charles I. Plosser; Jerome H. Powell; Jeremy C. Stein; Daniel K. Tarullo; and Janet L. Yellen.

 

 

bernanke.jpg  

    

※次期FRB議長イエレン氏は失業率など雇用関連指数に強い関心を持ち、金利に関してはハト派と言われている。


   

前回のFOMCとの変更点は、QE3実施規模をさらに縮小

昨年12月まで、毎月850億ドルの流動性供給(ドルをジャブジャブに刷りまくり)

→昨年12月のFOMCで750億ドルへ縮小、

→今回さらに650億ドルへ縮小

毎月100億ドル、約1兆円の流動性供給低下です。

昨年12月に比べると、毎月ベースで約2兆円の流動性供給低下です。

思ったよりも早いペースで蛇口を絞っています。

   

ドルをジャブジャブにする(=希薄化)ペースを緩める、ということで、

ファンダメンタル的にはドル高材料です。

逆に、株式市場的には株安材料です。

  

金利については、金利自体は変更無し。

注目すべき点としては、前回と同様、

失業率が6.5%を下回って改善しても、長期的な物価目標が2%に達しない場合は、利上げしない、

というような内容の一文が入っています。

当分ゼロ金利維持するから安心してね!金利は上げないよ!という株式市場(&米国債市場)へのメッセージと思われます。

QE3縮小で株暴落&景気減速懸念が出ることとのバランスを取った形です。

(通貨的にはドル安方向の材料)

    

ファンダメンタル分析的に考えれば、

・QE3縮小→ドル高、株安

・低金利堅持アピール→ドル安、株高

であり、

単純にどちらか一方通行になるような、単純な材料ではありません。

        

    

これを受けてマーケットはどのように反応したのでしょうか。

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください。

・NYダウ の値動き → 上昇?下落?

・ドル円 の値動き → 上昇?下落?

・ユーロドル の値動き → 上昇?下落?

・ユーロ円 の値動き → 上昇?下落?

・ポンドドル の値動き → 上昇?下落?

・ポンド円 の値動き → 上昇?下落?

・原油 の値動き → 上昇?下落?

・金 の値動き → 上昇?下落?

続きを読む "FOMC声明まとめ 1月 さよならバーナンキ、各国政策金利一覧" »

2014年1月27日

Investing.comチャートの使い方(Android、iPhone、スマホ対応、人民元/円チャート)

弊サイトで人気コンテンツの

SAXOリアルタイムクオート、チャート(為替、NYダウ、ナスダック、米長期金利、日経225、原油、金のリアルタイムチャート)

SAXOリアルタイムレート、チャート一覧

SAXOリアルタイムレート、チャート一覧【クロス円版】【人民元/円チャートあります】

   

ですが、Javaランタイムの仕様変更で、

SAXOのJavaアプレットチャートがまともに動かなくなってしまいました。

    

そこで、Investing.comのチャートを導入させていただきました。

fxtecf0085

このチャートはHTML5で組まれており、

続きを読む "Investing.comチャートの使い方(Android、iPhone、スマホ対応、人民元/円チャート)" »

2014年1月26日

バーナンキ議長最後のFOMC、世界バブル経済破綻の危機?アルゼンチン デフォルト危機、中国シャドウ・バンキング破綻寸前、恐怖指数急騰、ハイパーバブル崩壊の衝撃

今週の超重要経済指標・イベント

月曜早朝未来レート、米長期金利→こちら(スマホ対応) ※シカゴ投機筋ポジション     

  

中国「影の銀行」初のデフォルトか(ハイパーバブル崩壊の序曲?)
恐怖指数チャートなど(スマホ対応)
1998年LTCM破綻まとめ

  

月曜日  Mon Jan 27
All Day AUD  Bank Holiday  シドニー休場(オーストラリアデー)    
18:00 EUR  German Ifo Business Climate IFO景況指数
24:00 USD New Home Sales 新築住宅販売件数
    

火曜日 Tue Jan 28 
Tentative EUR  German Constitutional Court Ruling  
18:30 GBP  Prelim GDP
22:30 USD  Core Durable Goods Orders 耐久財受注
24:00 USD CB Consumer Confidence 消費者信頼感指数
    

水曜日 Wed Jan 29
21:15 GBP  BOE Gov Carney Speaks  
     

木曜日 Thu Jan 30
4:00 USD  FOMC Statement   FOMC政策金利発表
5:00 NZD  Official Cash Rate RBNZオフィシャル・キャッシュレート
     NZD  RBNZ Rate Statement
     
22:30 USD  Advance GDP 
    USD  Unemployment Claims 失業保険申請件数
24:00 USD Pending Home Sales 中古住宅販売保留
     

金曜日 Fri Jan 31
6:45 NZD  Trade Balance 
8:00 NZD  RBNZ Gov Wheeler Speaks  
9:30 AUD  PPI 生産者物価指数
22:30 CAD  GDP
   

金曜日 Sat Feb 1
10:00 CNY  Manufacturing PMI

              

参考:Forex Calendar @ Forex Factory(日本時間はGMT+9、DST OFF)

   

(今週の写真ギャラリー:タイトル:「或る港町の夕景」

DSC_4056_164

続きを読む "バーナンキ議長最後のFOMC、世界バブル経済破綻の危機?アルゼンチン デフォルト危機、中国シャドウ・バンキング破綻寸前、恐怖指数急騰、ハイパーバブル崩壊の衝撃" »

2014年1月25日

一目均衡表再入門29 波動論3 V波動とは何か 【FX・株のテクニカル分析入門 第349号】

先ほど、メルマガ最新号

FX・株のテクニカル分析入門 第350号

一目均衡表再入門30 波動論4 N波動とは何か

を発行致しました。

メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ

以下は前号のバックナンバーです。

続きを読む "一目均衡表再入門29 波動論3 V波動とは何か 【FX・株のテクニカル分析入門 第349号】" »

2014年1月22日

ジム・ロジャーズ「為替については、円安傾向がまだ続くと予想する市場関係者が多すぎる。そういう時は逆に反騰する可能性がある」

天才投資家ジム・ロジャーズのインタビュー記事がありましたので

ご紹介いたします。

fximgd0145

続きを読む "ジム・ロジャーズ「為替については、円安傾向がまだ続くと予想する市場関係者が多すぎる。そういう時は逆に反騰する可能性がある」" »

2014年1月21日

バイクヘルメットのシールドを曇らないようにする方法!曇り止め対策決定版(&車の内窓)※追記有り

私は車とバイク両方持っておりまして、冬でも両方乗るのですが、

honda-silver-wing

冬にバイクに乗るときに困るのが、

1,手が冷たい

2,ヘルメットのシールドが曇る

この2点でした。

 

 

1,手が冷たい については

続きを読む "バイクヘルメットのシールドを曇らないようにする方法!曇り止め対策決定版(&車の内窓)※追記有り" »

2014年1月19日

日銀政策金利、BOE議事録、BOC金利の週、円安バブルは踊り場

今週の超重要経済指標・イベント

月曜早朝未来レート、米長期金利→こちらシカゴ投機筋ポジション     

月曜日  Mon Jan 20 
11:00 CNY  GDP 中国GDP 
All Day USD  Bank Holiday NY休場(キング牧師誕生日)    
   

火曜日 Tue Jan 21
6:45 NZD  CPI 消費者物価指数
Tentative EUR  German Constitutional Court Ruling 
19:00 EUR  German ZEW Economic Sentiment ZEW景況感調査
22:30 CAD  Manufacturing Sales 製造業売上高
    

水曜日 Wed Jan 22
9:30 AUD  CPI 消費者物価指数
Tentative JPY  Monetary Policy Statement 日銀政策金利
Tentative JPY  BOJ Press Conference クロダ会見

18:30 GBP  Claimant Count Change 失業保険申請件数
  GBP  MPC Asset Purchase Facility Votes   
  GBP  MPC Official Bank Rate Votes BOE議事録

  GBP  Unemployment Rate 失業率
24:00 CAD BOC Monetary Policy Report
CAD BOC Rate Statement
CAD Overnight Rate BOC政策金利

    

木曜日 Thu Jan 23 
1:15 CAD  BOC Press Conference     
10:45 CNY  HSBC Flash Manufacturing PMI 製造業景況指数
17:00 EUR  French Flash Manufacturing PMI 製造業景況指数
17:30 EUR  German Flash Manufacturing PMI 製造業景況指数
22:30 CAD  Core Retail Sales 小売売上高
  USD  Unemployment Claims  失業保険申請件数
24:00 USD Existing Home Sales 中古住宅販売件数

   

金曜日 Fri Jan 24 
22:30 CAD  Core CPI 消費者物価指数

              

参考:Forex Calendar @ Forex Factory(日本時間はGMT+9、DST OFF)

   

(今週の写真ギャラリー:タイトル:「工業地帯の夕景」

DSC_3718_162

続きを読む "日銀政策金利、BOE議事録、BOC金利の週、円安バブルは踊り場" »

2014年1月18日

一目均衡表再入門28 波動論2 I波動とは何か 【FX・株のテクニカル分析入門 第348号】

先ほど、メルマガ最新号

FX・株のテクニカル分析入門 第348号

一目均衡表再入門28 波動論2 I波動とは何か

を発行致しました。

メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ

以下は前号のバックナンバーです。

続きを読む "一目均衡表再入門28 波動論2 I波動とは何か 【FX・株のテクニカル分析入門 第348号】" »

2014年1月12日

米消費者物価指数の週、ドル買いの流れは一旦調整入りか?米長期金利は3%の壁を突破できず

今週の超重要経済指標・イベント

月曜早朝未来レート、米長期金利→こちらシカゴ投機筋ポジション     

月曜日  Mon Jan 13
All Day JPY  Bank Holiday 東京休場(成人の日)    
  

火曜日 Tue Jan 14 
18:30 GBP  CPI 消費者物価指数
22:30 USD  Core Retail Sales 小売売上高
       

水曜日 Wed Jan 15
22:30 USD  PPI 生産者物価指数
  

木曜日 Thu Jan 16
9:30 AUD  Employment Change  雇用者数変化
   AUD  Unemployment Rate  失業率
22:30 USD  Core CPI 消費者物価指数
  USD  Unemployment Claims  失業保険申請件数

24:00 USD Philly Fed Manufacturing Index フィラデルフィア連銀景況指数
  

金曜日 Fri Jan 17 
1:10 USD  Fed Chairman Bernanke Speaks バーナンキ発言
Tentative EUR  German Constitutional Court Ruling  
18:30 GBP  Retail Sales 小売売上高
22:30 USD  Building Permits 建設許可件数
23:55 USD  Prelim UoM Consumer Sentiment ミシガン大消費者信頼感指数

              

参考:Forex Calendar @ Forex Factory(日本時間はGMT+9、DST OFF)

   

(今週の写真ギャラリー:タイトル:「地上の星」

DSC_4062_161

続きを読む "米消費者物価指数の週、ドル買いの流れは一旦調整入りか?米長期金利は3%の壁を突破できず" »

2014年1月11日

一目均衡表再入門27 波動論1 概要 【FX・株のテクニカル分析入門 第347号】

先ほど、メルマガ最新号

FX・株のテクニカル分析入門 第348号

一目均衡表再入門28 波動論2 I波動とは何か

を発行致しました。

メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ

以下は前号のバックナンバーです。

続きを読む "一目均衡表再入門27 波動論1 概要 【FX・株のテクニカル分析入門 第347号】" »

米雇用統計まとめ 1月!

2014/01/10 (金) 22:30

非農業部門雇用者数(12月)
結果 74千人 サプライズの悪い数字!
予想 197千人
前回 241千人(203千人から修正)
上方修正

   

失業率(12月)
結果 6.7% サプライズの好結果!!!
予想 7.0%
前回 7.0%

 

   

今回の雇用統計は、

非農業部門雇用者数がサプライズの悪い数字でしたが、

失業率はなんと0.3%一気に改善という、

サプライズの好結果でした。

   

米労働市場は、一進一退ながらも、一歩一歩、

堅調に回復して行っているようです。

米経済は、底堅く回復基調に乗っているような印象です。

   

常識的、ファンダメンタル分析的に考えれば、

・NYダウ 乱高下の後元の水準に戻る

・ドル 乱高下の後元の水準に戻る

となるのではないかと思えます。

 

少なくとも、

一方的なリスク回避、あるいは失望売りになるような

結果ではないように思えます。

   

では、この材料を受けて、机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・NYダウ の値動き → 上昇?下落?

・ドル円 の値動き → 上昇?下落?

・ユーロドル の値動き → 上昇?下落?

・ユーロ円 の値動き → 上昇?下落?

・ポンドドル の値動き → 上昇?下落?

・ポンド円 の値動き → 上昇?下落?

・原油 の値動き → 上昇?下落?

・金 の値動き → 上昇?下落?

続きを読む "米雇用統計まとめ 1月!" »

2014年1月10日

まもなく、米雇用統計です。過去の値動きまとめ

本日22:30に、米雇用統計が発表されます。

fximgd0124

続きを読む "まもなく、米雇用統計です。過去の値動きまとめ" »

BOE、ECB政策金利まとめ 1月

2014/01/09 (木) 21:00

英中銀政策金利
結果 0.50% 予想どおりの据え置き
予想 0.50%
現行 0.50%
      

英中銀資産購入枠(量的緩和)
結果 3750億ポンド 予想どおりの据え置き
予想 3750億ポンド
現行 3750億ポンド

   

2014/01/09 (木)21:45

ECB政策金利 21:45
結果 0.25% 予想どおりの据え置き
予想 0.25%
現行 0.25%

    

以上、一切サプライズ無し!

  

22:30ごろから ECB総裁ドラギ会見

ドラギ.jpg 

「ユーロ圏の基調的な物価圧力は引き続き抑制される見通し」
「現在の情報や分析は、われわれの判断を裏付けている」
インフレ期待はしっかり抑制されている」
低インフレが長期化し、その後2%弱に向けて緩やかに上昇する可能性」
金融政策スタンスは必要な限り緩和的であり続ける
「理事会はフォワードガイダンスを確認」
緩和的な政策が続く
「短期金融市場の動向を注視、あらゆる可能な手段を検討する用意」
引き続き強力な金融緩和を維持する決意
「ユーロ圏の成長リスクは引き続き下向き
インフレリスクは概ね均衡
「インフレ率は向こう数ヶ月、現在の水準に留まる公算」
最近の指標はさらに改善、段階的な回復を示す
生産は2014、15年に鈍いペースで回復する見通し」
「ユーロ圏の経済活動、輸出需要拡大の恩恵を受ける見通し」
「フォワードガイダンスの文言をECBはきょうさらに強めた」
「インフレ見通しが悪化すればECBは行動する」
「短期金融市場が逼迫すればECBは行動する」
「政策手段をめぐる討議は続く」
「どの手段を選ぶかは不測の事態の状況による」
「活用できる複数の手段がある」
「条約が許す全ての手段が可能」
「将来の決定に関して憶測するのは意味がない」
「両方向で物価を安定させる責務がある」
「12月のインフレ率の鈍化は想定されたこと、ドイツのデータが影響」
「銀行システムは査定後に強くなる」
「銀行の査定で、短期的なデレバレッジにつながる可能性も」
インフレ率は今後少なくとも2年間は低水準にとどまるだろう

  

  

BOE金利、ECB金利、ともに

市場予想どおりの据え置きで全くサプライズ無し。

  

その後のECB総裁ドラギ会見は、

ほぼ全面的に悲観的な内容でした。

米経済が底を打った感じで上昇傾向なのとは対照的で、

欧州は深い問題を抱えている印象です。

  

  

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・BOE、ECB金利では、材料織り込み済みで動かず

・ドラギ会見で、乱高下の後、「あーやっぱユーロだめか」で失望売り

となるのが自然に思えます。  

 

では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "BOE、ECB政策金利まとめ 1月" »

2014年1月 5日

FOMC議事録、BOE、ECB金利、そして米雇用統計の週!2014年一発目の投機祭り開催

今週の超重要経済指標・イベント

月曜早朝未来レート→こちらシカゴ投機筋ポジション     

月曜日 Mon Jan 6
All Day EUR  Italian Bank Holiday      
18:30 GBP  Services PMI サービス業景況指数
24:00 USD ISM Non-Manufacturing PMI ISM非製造業景況指数
  

火曜日 Tue Jan 7 
7:30 USD  Fed Chairman Nomination Vote  FRB議長任命投票   

※イエレン氏は失業率など雇用関連指数に強い関心を持ち、金利に関してはハト派と言われている。

9:30 AUD  Trade Balance 貿易収支
19:00 EUR  CPI Flash Estimate 消費者物価指数・速報値
22:30 CAD  Trade Balance 貿易収支
  USD  Trade Balance  貿易収支
   

水曜日 Wed Jan 8 
Tentative EUR  German Constitutional Court Ruling 
22:15 USD  ADP Non-Farm Employment Change ADP全国雇用者数
      

木曜日 Thu Jan 9
4:00 USD  FOMC Meeting Minutes FOMC議事録
9:30 AUD  Building Approvals 建設許可件数  
  AUD  Retail Sales 小売売上高
10:30 CNY  CPI 消費者物価指数
 21:00 GBP  Asset Purchase Facility 
  GBP  Official Bank Rate BOE政策金利 
Tentative GBP  MPC Rate Statement     
21:45 EUR  Minimum Bid Rate ECB(欧州中銀)政策金利
22:30
CAD  Building Permits 建設許可件数
  EUR  ECB Press Conference  ドラギ会見   
  USD  Unemployment Claims  失業保険申請件数

 ドラギ.jpg 

過去のBOE,ECB政策金利前後の値動きはこちらでまとめています。

  

金曜日 Fri Jan 10
Tentative CNY  Trade Balance  貿易収支
17:15 CHF  CPI 消費者物価指数
18:30 GBP  Manufacturing Production 鉱工業生産
 22:30 CAD  Employment Change  雇用者数変化
  CAD  Unemployment Rate   失業率
  USD  Non-Farm Employment Change 非農業部門雇用者数
  USD  Unemployment Rate 失業率

過去の米雇用統計前後の値動きはこちらでまとめています。
常識では理解不能な滅茶苦茶な値動きが多いので注意

                      

参考:Forex Calendar @ Forex Factory(日本時間はGMT+9、DST OFF)

   

(今週の写真ギャラリー:タイトル:「迎春」

DSC_5024bb_160

 

続きを読む "FOMC議事録、BOE、ECB金利、そして米雇用統計の週!2014年一発目の投機祭り開催" »

2014年1月 4日

一目均衡表再入門26 時間論14 対等数値7 日経平均検証 【FX・株のテクニカル分析入門 第346号】

先ほど、メルマガ最新号

FX・株のテクニカル分析入門 第347号

一目均衡表再入門27 波動論1 概要

を発行致しました。

メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ

以下は前号のバックナンバーです。

続きを読む "一目均衡表再入門26 時間論14 対等数値7 日経平均検証 【FX・株のテクニカル分析入門 第346号】" »

2014年1月 3日

FXキャンペーン 最新情報 1月!なんとアンケート回答だけで100万円

弊ブログで管理しております外為FX業者比較完全データベースですが、

外為FX業者比較完全データベース.PNG

データを更新いたしました。

   

■2014.1.3

・キャンペーンデータを全面的に更新しました 。

キャンペーン一覧

【もれなく1万円】プレゼントキャンペーン一覧

【もれなく5000円】プレゼントキャンペーン一覧

【もれなく3000円】プレゼントキャンペーン一覧

【取引高に応じてキャッシュバック】プレゼントキャンペーン一覧

  

  

※注目のキャンペーン
マネーパートナーズ
→アンケートに回答するだけで、抽選で100万円プレゼント。対象者:全ての方!新年の運試しに!
 

   

    

 

以下は、今月のキャンペーン一覧です。

続きを読む "FXキャンペーン 最新情報 1月!なんとアンケート回答だけで100万円" »

SAXOリアルタイムクオート、チャートの表示がおかしかったので修正しました

SAXOリアルタイムクオート、チャート(為替、NYダウ、ナスダック、米長期金利、日経225、原油、金のリアルタイムチャート)

の表示がおかしかったので修正しました。

新年2014年から米Yahoo Financeの仕様が変更されたようで、

続きを読む "SAXOリアルタイムクオート、チャートの表示がおかしかったので修正しました" »

2014年1月 2日

今年の相場を大予想(2014年) ドル円1978~2013年のデータを徹底検証!!ドル円の年間予想レンジは!?120円突破の可能性は!!??

今日は、当ブログで毎年恒例となった「今年の相場予想」をしてみたいと思います。

1978~2013年の月足データ(テクニカル) & 主要なファンダメンタルを

分析してみました。

  DSC_5024cc - コピー - コピー (2)

続きを読む "今年の相場を大予想(2014年) ドル円1978~2013年のデータを徹底検証!!ドル円の年間予想レンジは!?120円突破の可能性は!!??" »

2014年1月 1日

謹賀新年 2014年もよろしくお願いいたします!

 
DSC_5024ccdd_024

 

続きを読む "謹賀新年 2014年もよろしくお願いいたします!" »

Sponsored Link

オススメのFX本

オススメ1位
マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣
必読。実戦経験を積むと、この本の偉大さがわかります。

オススメ2位
生き残りのディーリング決定版―相場読本シリーズ<10>矢口 新
中級以上へのステップアップに。

オススメ3位
投資苑 - 心理・戦略・資金管理
中級以上へのステップアップに。

入門にオススメ
外国為替トレード 勝利の方程式


Amazon Kindleストア

カテゴリー


全記事

FX業者手数料比較 当ブログで管理している、FX業者比較検索サイトです。国内最大のデータベースを自負しています。手数料順、スワップポイント順、キャンペーンをしている業者さん、くりっく365参加業者さんなど20以上の条件を組み合わせて比較検索が可能です。【サイトはこちら

最近のエントリー

アーカイブ

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログポリシー

当ブログは、リンクフリー、トラックバックフリーです。 ご自由にどんどんやっちゃってください。
投資系ブログ・サイト様の相互リンクも大募集中です。

Mail: fx@fxtechnical.net (スパム対策の為に@を全角にしています。送信時には半角の@に直してください。)

当ブログからの引用は、当ブログ名を記載し、引用元へのリンクを張っていただければ、 自由にしていただいてかまいません。
(盗用に対しては、著作権法および民法上の権利を行使させていただきます。)

フィードを取得

RSS 2.0  ATOM
お気に入りに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスカウンタ