« 2016年11月 | メイン | 2017年1月 »

2016年12月 アーカイブ

2016年12月25日

あっという間に2016年終わり。少年老いやすく、学成り難し。マーケットは本当にランダムウォークなのか?

今週の超重要経済指標・イベント

月曜早朝SAXO未来レート、米長期金利→こちら(スマホ対応) ※シカゴ投機筋ポジション

※中国「影の銀行」デフォルト危機は回避しましたが、中国ハイパーバブル崩壊の火種はくすぶり続けています。
恐怖指数チャートなど(スマホ対応)
1998年LTCM破綻まとめ
ジムロジャーズ発言まとめ

  

Mon Dec 26  (クリスマスの振替休日、ボクシングデー)
All Day    NZD    Bank Holiday
All Day    AUD    Bank Holiday
All Day    CHF    Bank Holiday
All Day    EUR    German Bank Holiday
All Day    EUR    Italian Bank Holiday
All Day    GBP    Bank Holiday
All Day    CAD    Bank Holiday
All Day    USD    Bank Holiday

  

Tue  Dec 27
All Day    NZD    Bank Holiday
All Day    AUD    Bank Holiday
All Day    GBP    Bank Holiday
All Day    CAD    Bank Holiday

24:00    USD    CB Consumer Confidence 消費者信頼感指数

Thu  Dec 29
22:30    USD    Unemployment Claims 失業保険申請件数
  

Fri  Dec 30
1:00    USD    Crude Oil Inventories 原油在庫統計

 
  

参考:Forex Calendar @ Forex Factory(日本時間はGMT+9、DST OFF)

(今週の写真ギャラリー:タイトル:「魔法の国への入り口」)

DSC_1545_170

続きを読む "あっという間に2016年終わり。少年老いやすく、学成り難し。マーケットは本当にランダムウォークなのか?" »

エリオット波動論再入門 112 波動と出来高 2 概要【FX・株のテクニカル分析入門 第500号】

先ほど、メルマガ最新号

FX・株のテクニカル分析入門 第501号

エリオット波動論再入門 113

波動と出来高 3

修正局面の後半に出来高が減少すると売り圧迫が弱まったことを示唆する

を発行致しました。

メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ

以下は前号のバックナンバーです。

続きを読む "エリオット波動論再入門 112 波動と出来高 2 概要【FX・株のテクニカル分析入門 第500号】" »

2016年12月18日

RBA議事録、日銀金利、米GDPの週。もうクリスマスのイケイケムード。ユーロドルは、いよいよ、地獄の釜が開いた。

今週の超重要経済指標・イベント

月曜早朝SAXO未来レート、米長期金利→こちら(スマホ対応) ※シカゴ投機筋ポジション

※中国「影の銀行」デフォルト危機は回避しましたが、中国ハイパーバブル崩壊の火種はくすぶり続けています。
恐怖指数チャートなど(スマホ対応)
1998年LTCM破綻まとめ
ジムロジャーズ発言まとめ

  

Mon Dec 19
18:00    EUR    German Ifo Business Climate IFO景況指数
 

Tue Dec 20
9:30    AUD    Monetary Policy Meeting Minutes RBA議事録
Tentative    AUD    Mid-Year Economic and Fiscal Outlook
Tentative    JPY    BOJ Policy Rate 日銀政策金利
Tentative    JPY    Monetary Policy Statement
Tentative    JPY    BOJ Press Conference クロダ会見

Tentative    NZD    GDT Price Index

                
Thu Dec 22
0:30    USD    Crude Oil Inventories 原油在庫統計
6:45    NZD    GDP q/q
22:30    CAD    Core CPI m/m 消費者物価指数
CAD    Core Retail Sales m/m 小売売上高
USD    Core Durable Goods Orders m/m 耐久財受注
USD    Final GDP q/q
USD    Unemployment Claims 失業保険申請件数


Fri Dec 23
All Day    JPY    Bank Holiday 東京休場(天皇誕生日)
18:30    GBP    Current Account 経常収支
22:30    CAD    GDP m/m

 
  

参考:Forex Calendar @ Forex Factory(日本時間はGMT+9、DST OFF)

(今週の写真ギャラリー:タイトル:「歳末の街角」)

DSC_1557_025

続きを読む "RBA議事録、日銀金利、米GDPの週。もうクリスマスのイケイケムード。ユーロドルは、いよいよ、地獄の釜が開いた。" »

エリオット波動論再入門 111 波動と出来高 1 【FX・株のテクニカル分析入門 第499号】

先ほど、メルマガ最新号

FX・株のテクニカル分析入門 第500号

エリオット波動論再入門 112 波動と出来高 2

を発行致しました。

メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ

以下は前号のバックナンバーです。

続きを読む "エリオット波動論再入門 111 波動と出来高 1 【FX・株のテクニカル分析入門 第499号】" »

2016年12月15日

FOMCまとめ 12月 声明全文と各国政策金利一覧 0.25%の利上げにマーケットの反応は?

FOMC声明 日本時間 2016年12月15日(木)04:00発表

前回のFOMC声明はこちら

Press Release

Release Date: December 14, 2016

For release at 2:00 p.m. EST

Information received since the Federal Open Market Committee met in November indicates that the labor market has continued to strengthen and that economic activity has been expanding at a moderate pace since mid-year. Job gains have been solid in recent months and the unemployment rate has declined. Household spending has been rising moderately but business fixed investment has remained soft. Inflation has increased since earlier this year but is still below the Committee's 2 percent longer-run objective, partly reflecting earlier declines in energy prices and in prices of non-energy imports. Market-based measures of inflation compensation have moved up considerably but still are low; most survey-based measures of longer-term inflation expectations are little changed, on balance, in recent months.

Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The Committee expects that, with gradual adjustments in the stance of monetary policy, economic activity will expand at a moderate pace and labor market conditions will strengthen somewhat further. Inflation is expected to rise to 2 percent over the medium term as the transitory effects of past declines in energy and import prices dissipate and the labor market strengthens further. Near-term risks to the economic outlook appear roughly balanced. The Committee continues to closely monitor inflation indicators and global economic and financial developments.

In view of realized and expected labor market conditions and inflation, the Committee decided to raise the target range for the federal funds rate to 1/2 to 3/4 percent. The stance of monetary policy remains accommodative, thereby supporting some further strengthening in labor market conditions and a return to 2 percent inflation.

In determining the timing and size of future adjustments to the target range for the federal funds rate, the Committee will assess realized and expected economic conditions relative to its objectives of maximum employment and 2 percent inflation. This assessment will take into account a wide range of information, including measures of labor market conditions, indicators of inflation pressures and inflation expectations, and readings on financial and international developments. In light of the current shortfall of inflation from 2 percent, the Committee will carefully monitor actual and expected progress toward its inflation goal. The Committee expects that economic conditions will evolve in a manner that will warrant only gradual increases in the federal funds rate; the federal funds rate is likely to remain, for some time, below levels that are expected to prevail in the longer run. However, the actual path of the federal funds rate will depend on the economic outlook as informed by incoming data.

The Committee is maintaining its existing policy of reinvesting principal payments from its holdings of agency debt and agency mortgage-backed securities in agency mortgage-backed securities and of rolling over maturing Treasury securities at auction, and it anticipates doing so until normalization of the level of the federal funds rate is well under way. This policy, by keeping the Committee's holdings of longer-term securities at sizable levels, should help maintain accommodative financial conditions.

Voting for the FOMC monetary policy action were: Janet L. Yellen, Chair; William C. Dudley, Vice Chairman; Lael Brainard; James Bullard; Stanley Fischer; Esther L. George; Loretta J. Mester; Jerome H. Powell; Eric Rosengren; and Daniel K. Tarullo.(反対者無し)

   

FRB: Press Release--Federal Reserve issues FOMC statement--December 14, 2016
https://www.federalreserve.gov/newsevents/press/monetary/20161214a.htm


 

 

     

4:30ごろから イエレン会見

 

経済が著しく進展したと認識。」
インフレ率は2%に近づいた。」
雇用の状況は更に幾分改善すると予想。」
「2%のインフレ目標のコミットは変わらず。」
インフレ期待は抑制されている。」
「9月と12月の見通しは類似。」
経済の先行きはかなり不透明。」
緩やかな利上げのみ正当化すると想定。」
「ドットプロットは小幅な調整。」
財政政策の変化は見通しを変える可能性。」
「一部のメンバーは財政政策の変化を考慮に入れた。」
税制の変化が生産性と投資を高める可能性。」
「財政政策変更の予想が金利見通しに影響した可能性。」
「財政拡大は完全雇用には明らかに必要とされていない。 」

 

    

   

FOMC声明については、

市場予想どおり0.25%の利上げとなりました。(サプライズは無い)

過去のFOMCまとめはこちら

   

内容については、

さらなる追加利上げをやる気マンマンという感じで、       

依然として前向きイケイケのようです。  

   

その後のイエレン会見でも、

さらなる追加利上げをやる気マンマンという感じで、

先行きの不透明さはあるものの、

基本的な姿勢としては利上げ目線のようです。

    

グローバル的な状況を見ると、

経済ボロボロで貨幣をジャブジャブ刷って刷って刷りまくり(&戦争の気配)の欧州、日本と比較すると、

相対的には、米国一人勝ちの様相です

   

ファンダメンタル分析的に考えれば、

・株高

・ドル高(金利上昇期待)

と考えるのが自然です。

   

少なくとも、特にドル安になる材料ではないように思えます。

   

これを受けてマーケットはどのように反応したのでしょうか。

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください。

・NYダウ の値動き → 上昇?下落?

・ドル円 の値動き → 上昇?下落?

・ユーロドル の値動き → 上昇?下落?

・ユーロ円 の値動き → 上昇?下落?

・ポンドドル の値動き → 上昇?下落?

・ポンド円 の値動き → 上昇?下落?

・原油 の値動き → 上昇?下落?

・金 の値動き → 上昇?下落?

続きを読む "FOMCまとめ 12月 声明全文と各国政策金利一覧 0.25%の利上げにマーケットの反応は?" »

2016年12月14日

ジム・ロジャーズ「ドルの上昇と新興国通貨の下落は当面、続くだろう。」「トランプの保護主義的政策の結果、中国の存在感が高まるだろう」「2017年後半から株下落に転じる」

投資の神様、ジム・ロジャーズのインタビュー記事がありましたのでご紹介いたします。

ジム・ロジャーズ氏「日本株、保護主義がリスク」 :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO10624350T11C16A2DTA000/

 

以下は印象に残った言葉です。

続きを読む "ジム・ロジャーズ「ドルの上昇と新興国通貨の下落は当面、続くだろう。」「トランプの保護主義的政策の結果、中国の存在感が高まるだろう」「2017年後半から株下落に転じる」" »

2016年12月12日

FOMC金利、スイス金利、BOE金利、米CPIの週。最終戦争。やっと米追加利上げか。マーケットの反応が楽しみ。ユーロドルは地獄の入り口で大人の殴り合い。

今週の超重要経済指標・イベント

月曜早朝SAXO未来レート、米長期金利→こちら(スマホ対応) ※シカゴ投機筋ポジション

※中国「影の銀行」デフォルト危機は回避しましたが、中国ハイパーバブル崩壊の火種はくすぶり続けています。
恐怖指数チャートなど(スマホ対応)
1998年LTCM破綻まとめ
ジムロジャーズ発言まとめ

  

Tue Dec 13
11:00    CNY    Industrial Production y/y  製造業生産高
18:30    GBP    CPI y/y 消費者物価指数
  

Wed Dec 14
18:30    GBP    Average Earnings Index 3m/y 平均所得指数
GBP    Claimant Count Change 失業保険申請件数
22:30    USD    Core Retail Sales m/m 小売売上高
USD    PPI m/m 生産者物価指数
  

Thu Dec 15
0:30    USD    Crude Oil Inventories 原油在庫統計
4:00    USD    FOMC Economic Projections
USD    FOMC Statement
USD    Federal Funds Rate FOMC政策金利発表

4:30    USD    FOMC Press Conference イエレン会見

※過去のFOMC相場の値動きはこちらでまとめています。


9:30    AUD    Employment Change  雇用者数変化
AUD    Unemployment Rate 失業率
17:30    CHF    Libor Rate スイス中銀政策金利発表
CHF    SNB Monetary Policy Assessment
CHF    SNB Press Conference

18:30    GBP    Retail Sales m/m 小売売上高
21:00    GBP    MPC Official Bank Rate Votes BOE議事録即日公開
GBP    Monetary Policy Summary
GBP    Official Bank Rate BOE政策金利

22:30    CAD    Manufacturing Sales m/m
USD    CPI m/m 消費者物価指数
USD    Philly Fed Manufacturing Index フィラデルフィア連銀景況指数
USD    Unemployment Claims 失業保険申請件数

Fri Dec 16
1:15    CAD    BOC Gov Poloz Speaks
22:30    USD    Building Permits 建設許可件数

 
  

参考:Forex Calendar @ Forex Factory(日本時間はGMT+9、DST OFF)

(今週の写真ギャラリー:タイトル:「円通院」)

DSC_1016_138

続きを読む "FOMC金利、スイス金利、BOE金利、米CPIの週。最終戦争。やっと米追加利上げか。マーケットの反応が楽しみ。ユーロドルは地獄の入り口で大人の殴り合い。" »

2016年12月11日

エリオット波動論再入門 110 上放れThrow-over と下放れThrow-under 4 検証2 【FX・株のテクニカル分析入門 第498号】

先ほど、メルマガ最新号

FX・株のテクニカル分析入門 第499号

エリオット波動論再入門 111

波動と出来高 1

を発行致しました。

メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ

以下は前号のバックナンバーです。

続きを読む "エリオット波動論再入門 110 上放れThrow-over と下放れThrow-under 4 検証2 【FX・株のテクニカル分析入門 第498号】" »

ECB政策金利まとめ 12月

日本時間  2016年12月8日(木)21:45発表

ECB政策金利 21:45
結果 0.00%
予想 0.00% 予想どおりのゼロ金利据え置き
現行 0.00%

資産購入枠 月額800億→600億ユーロに減額

(ユーロのジャブジャブ供給を絞った→ユーロ高材料)

債券購入を2017年12月まで延長(ユーロ安材料)

   

    

22:30ごろから ECB総裁ドラギ会見

ドラギ.jpg

利回りが預金金利を下回る資産も購入へ
緩やかで着実なペースの成長を見込む
「第4四半期も成長は続く見込み」
「QEはインフレが継続的に上昇軌道となるまで継続」
「ユーロ圏の成長は依然として下振れに傾く」
コアインフレの上昇過程に確信持てる兆候みられず
「QEの期間延長・減額に関して非常に幅広い同意が得られた」
デフレリスクはほとんど解消された
「本日はテーパリングは議論されず」
メンバーの誰もテーパリング(=量的緩和の縮小)を支持しなかった。」
「量的緩和はある意味でオープンエンド型。」


 


      

     

ECB政策金利は、市場予想どおりのゼロ金利据え置きでした。

一方で、QEは規模縮小期間延長が同時に発表されました。

好材料と悪材料を意図的に混ぜており、

これに対してマーケットがどのように反応したか、非常に興味深いです。

  

その後のドラギ会見は、

基本的には厳しい経済情勢にあることをふまえつつ、

デフレリスクからの脱却宣言など、希望の見える明るい話も見られました。

欧州は大底を脱したように思える会見内容でした。

   

グローバル的な視点で見ると、

米国は経済環境順調でQE終了、利上げサイクルに乗りましたが、

その一方で、欧州、英国は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けています(金融緩和、通貨の希薄化)。

     

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

ECB金利発表で激しく乱高下

・ドラギ会見で、ユーロは大底を脱したということでユーロ高

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

                

では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "ECB政策金利まとめ 12月" »

2016年12月 4日

RBA金利、BOC金利、ECB金利の週。祭りの後。マーケットは材料出尽くしで来週のFOMCに向けて休憩モードか。

今週の超重要経済指標・イベント

月曜早朝SAXO未来レート、米長期金利→こちら(スマホ対応) ※シカゴ投機筋ポジション

※中国「影の銀行」デフォルト危機は回避しましたが、中国ハイパーバブル崩壊の火種はくすぶり続けています。
恐怖指数チャートなど(スマホ対応)
1998年LTCM破綻まとめ
ジムロジャーズ発言まとめ

  

Sun Dec 4
All Day    EUR    Italian Constitution Amendment Vote(憲法改正の是非を問う国民投票)
 

Mon Dec 5
18:30    GBP    Services PMI サービス業景況指数
24:00    USD    ISM Non-Manufacturing PMI ISM非製造業景況指数

  

Tue Dec 6
12:30    AUD    Cash Rate RBAキャッシュターゲット
AUD    RBA Rate Statement

22:30    CAD    Trade Balance
Tentative    NZD    GDT Price Index
  

Wed Dec 7
7:00    NZD    RBNZ Gov Wheeler Speaks
9:30    AUD    GDP q/q
18:30    GBP    Manufacturing Production m/m 製造業生産高
24:00    CAD    BOC Rate Statement BOC政策金利
CAD    Overnight Rate

  

Thu Dec 8
0:30    USD    Crude Oil Inventories 原油在庫統計
Tentative    CNY    Trade Balance 貿易収支
All Day    EUR    Italian Bank Holiday
21:45    EUR    Minimum Bid Rate ECB政策金利
22:30    EUR    ECB Press Conference ドラギ会見
USD    Unemployment Claims 失業保険申請件数

  

ドラギ.jpg

過去のBOE,ECB政策金利前後の値動きはこちらでまとめています。

 

Fri Dec 9              
24:00    USD    Prelim UoM Consumer Sentiment ミシガン大消費者信頼感指数

 
  

参考:Forex Calendar @ Forex Factory(日本時間はGMT+9、DST OFF)

(今週の写真ギャラリー:タイトル:「箕面の滝」)

DSC_0689c_566

続きを読む "RBA金利、BOC金利、ECB金利の週。祭りの後。マーケットは材料出尽くしで来週のFOMCに向けて休憩モードか。" »

エリオット波動論再入門 109 上放れThrow-over と下放れThrow-under 3 検証1 【FX・株のテクニカル分析入門 第497号】

先ほど、メルマガ最新号

FX・株のテクニカル分析入門 第498号

エリオット波動論再入門 110

Throw-overとThrow-under 4

を発行致しました。

メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ

以下は前号のバックナンバーです。

続きを読む "エリオット波動論再入門 109 上放れThrow-over と下放れThrow-under 3 検証1 【FX・株のテクニカル分析入門 第497号】" »

FXキャンペーン最新情報!2016年12月!

弊ブログで管理しております外為FX業者比較完全データベースですが、

外為FX業者比較完全データベース.PNG

データを更新いたしました。

  

■2016.12.4

・キャンペーンデータを全面的に更新しました 。

キャンペーン一覧

【もれなく1万円】プレゼントキャンペーン一覧

【もれなく5000円】プレゼントキャンペーン一覧

【もれなく3000円】プレゼントキャンペーン一覧

【取引高に応じてキャッシュバック】プレゼントキャンペーン一覧

   

    

★今月の注目!おすすめキャンペーン★

    
   

FXTS FXブロードネット:なんと、口座開設+入金だけでもれなく2000円。→詳しくはこちら

   

   

以下は、今月のキャンペーン一覧です。

続きを読む "FXキャンペーン最新情報!2016年12月!" »

米雇用統計まとめ 12月

日本時間 2016年12月2日(金)22:30

  

非農業部門雇用者数(11月)22:30
結果 178千人 ほぼ予想どおり
予想 180千人
前回 142千人(161千人から修正)下方修正

  

失業率(11月)22:30
結果 4.6% サプライズの改善!!
予想 4.9%
前回 4.9%


   

    

    

今月の米雇用統計は、

非農業部門雇用者数はほぼ予想どおりで、

前回数値は若干の下方修正とやや弱めの数字でしたが、

失業率は、市場予想を大きく超える改善となりました。

  

全体として、好材料と言っていい結果と思います。

前回の米雇用統計まとめ

    

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 多少乱高下のあと上昇

・ドル 多少乱高下のあと上昇

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

   

  

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。

       

では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 12月" »

2016年12月 2日

まもなく、米雇用統計の発表です。(22:30) 過去の値動きまとめ

まもなく、米雇用統計の発表です。(22:30)

2000px-Bureau_of_labor_statistics_logo.svg

過去の米雇用統計前後の値動きはこちらでまとめています。

続きを読む "まもなく、米雇用統計の発表です。(22:30) 過去の値動きまとめ" »

Sponsored Link

オススメのFX本

オススメ1位
マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣
必読。実戦経験を積むと、この本の偉大さがわかります。

オススメ2位
生き残りのディーリング決定版―相場読本シリーズ<10>矢口 新
中級以上へのステップアップに。

オススメ3位
投資苑 - 心理・戦略・資金管理
中級以上へのステップアップに。

入門にオススメ
外国為替トレード 勝利の方程式


Amazon Kindleストア

カテゴリー


全記事

FX業者手数料比較 当ブログで管理している、FX業者比較検索サイトです。国内最大のデータベースを自負しています。手数料順、スワップポイント順、キャンペーンをしている業者さん、くりっく365参加業者さんなど20以上の条件を組み合わせて比較検索が可能です。【サイトはこちら

最近のエントリー

アーカイブ

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログポリシー

当ブログは、リンクフリー、トラックバックフリーです。 ご自由にどんどんやっちゃってください。
投資系ブログ・サイト様の相互リンクも大募集中です。

Mail: fx@fxtechnical.net (スパム対策の為に@を全角にしています。送信時には半角の@に直してください。)

当ブログからの引用は、当ブログ名を記載し、引用元へのリンクを張っていただければ、 自由にしていただいてかまいません。
(盗用に対しては、著作権法および民法上の権利を行使させていただきます。)

フィードを取得

RSS 2.0  ATOM
お気に入りに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスカウンタ