記事カテゴリ: 米雇用統計系まとめ

2017年9月 2日

米雇用統計まとめ 9月 明らかな悪材料に対してマーケットはどのように反応したか?

2017年9月1日(金)21:30

非農業部門雇用者数(8月)21:30
結果 15.6万人 予想を下回る弱い結果
予想 18.0万人
前回 18.9万人(20.9万人から修正)下方修正

失業率(8月)21:30
結果 4.4% 予想よりも悪い!悪化!
予想 4.3%
前回 4.3%

   

   

今月の米雇用統計は、

非農業部門雇用者数、前回数値、失業率、

全て予想よりも悪い数字でした!

どこからどう見ても悪材料です。

前回の米雇用統計まとめ

    

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 暴落(景気減速懸念から)

・ドル 暴落(利上げが止まる懸念から)

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

   

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。

       

では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

    

1分足 下記のチャートでは8:30が日本時間21:30 

FXc001460

   

15分足

FXc001468

※このチャートを見る方法

    

米長期金利 逆に爆上げ(※↓のチャートの数字を0.1倍したのが金利。例:チャートの表示が21.50の場合、金利は2.150%)

big

http://www.fxtechnical.net/2006/12/saxo_1.html

 

       

 

初動は

・ドル 爆下げ

・NYダウ 錯乱状態の乱高下

でした。

   

そしてその後、結局は、

・ドル 乱高下の後、若干のドル高

・NYダウ 乱高下で終了

となりました。

   

さて、場味の分析ですが、

誰がどう見ても明らかな悪材料に対して、

マーケットは初動こそ迷いましたが、

最終的には底堅い反応を示しました。

総悲観の暴落になるかと思いきや、非常に落ち着いた反応となりました。

想像ですが、最初のドル暴落は、短期の投機筋が売り崩しを狙ったものの、その後に長期・実需勢が付いてこないために、慌てて見切って買い戻してあのような動きになったのではないかと思います。

やはり、米経済の底堅さは本物のようです。

悪材料に反応が悪いということは、やはりロング(買い)が正解ということかと思います。

■この記事をスマートフォン対応版で表示するスマホ版で表示
■口座開設で 《もれなくプレゼント》 キャンペーン
 【もれなくプレゼント全一覧はこちら
■テクニカル分析入門メルマガ
メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ
■人気ランキング FX比較 なんでも人気ランキング
 アンケート形式による、人気業者人気投資本などのランキングを公開中!
■この記事のカテゴリ
米雇用統計系まとめ
■関連記事
米雇用統計まとめ 8月 -2018年8月05日
米雇用統計まとめ 7月 失業率のサプライズの悪化に対してマーケットの反応は? -2018年7月08日
米雇用統計まとめ 6月 サプライズの好結果に対して、マーケットの反応は?? -2018年6月03日
米雇用統計まとめ 5月 -2018年5月06日
米雇用統計まとめ 4月 -2018年4月07日
米雇用統計まとめ 3月 -2018年3月11日
米雇用統計まとめ 2月 -2018年2月04日
米雇用統計まとめ 1月 -2018年1月07日
米雇用統計まとめ 12月 -2017年12月10日
米雇用統計まとめ11月 -2017年11月05日
米雇用統計まとめ 10月 サプライズの好材料と悪材料が同居のカオスな結果に!マーケットの反応は? -2017年10月08日
米雇用統計まとめ 7月 -2017年7月09日
米雇用統計まとめ 8月 -2017年8月06日
米雇用統計まとめ 4月 -2017年4月09日
米雇用統計まとめ 5月 -2017年5月07日
米雇用統計まとめ 6月 -2017年6月04日
米雇用統計まとめ 1月 -2017年1月08日
米雇用統計まとめ 2月 -2017年2月05日
米雇用統計まとめ 3月 -2017年3月12日
米雇用統計まとめ 10月 -2016年10月09日
米雇用統計まとめ 11月 -2016年11月06日
米雇用統計まとめ 12月 -2016年12月04日
米雇用統計まとめ 7月 -2016年7月09日
米雇用統計まとめ 8月 -2016年8月07日
米雇用統計まとめ 9月 明らかな悪材料に対してマーケットの反応は? -2016年9月03日
米雇用統計まとめ 5月 予想を下回る悪材料にマーケットの反応は? -2016年5月08日
米雇用統計まとめ 6月 -2016年6月05日
米雇用統計まとめ 2月 -2016年2月07日
米雇用統計まとめ 3月 サプライズの好結果に市場の反応は?ドル円の地合いは強気?弱気? -2016年3月06日
米雇用統計まとめ 4月 決して悪くない結果に市場の反応は?ドル円の地合いは強気?弱気? -2016年4月03日
■この記事のID:2710

Sponsored Link

オススメのFX本

オススメ1位
マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣
必読。実戦経験を積むと、この本の偉大さがわかります。

オススメ2位
生き残りのディーリング決定版―相場読本シリーズ<10>矢口 新
中級以上へのステップアップに。

オススメ3位
投資苑 - 心理・戦略・資金管理
中級以上へのステップアップに。

入門にオススメ
外国為替トレード 勝利の方程式


Amazon Kindleストア

カテゴリー


全記事

FX業者手数料比較 当ブログで管理している、FX業者比較検索サイトです。国内最大のデータベースを自負しています。手数料順、スワップポイント順、キャンペーンをしている業者さん、くりっく365参加業者さんなど20以上の条件を組み合わせて比較検索が可能です。【サイトはこちら

最近のエントリー

Sponsored Link

アーカイブ

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログポリシー

当ブログは、リンクフリー、トラックバックフリーです。 ご自由にどんどんやっちゃってください。
投資系ブログ・サイト様の相互リンクも大募集中です。

Mail: fx@fxtechnical.net (スパム対策の為に@を全角にしています。送信時には半角の@に直してください。)

当ブログからの引用は、当ブログ名を記載し、引用元へのリンクを張っていただければ、 自由にしていただいてかまいません。
(盗用に対しては、著作権法および民法上の権利を行使させていただきます。)

アクセスカウンタ