アーカイブリスト: 1  2  3  4  5  6  7  8

米雇用統計系まとめ

(※スマートフォン用カテゴリーアーカイブページはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加  

2018年8月 5日

米雇用統計まとめ 8月

2018年8月3日(金)21:30

非農業部門雇用者数(7月)21:30
結果 15.7万人 予想よりも弱い数字
予想 19.3万人
前回 24.8万人(21.3万人から修正)上方修正

失業率(7月)21:30
結果 3.9% 予想通りの改善
予想 3.9%
前回 4.0%

コメント

今月の米雇用統計は、

非農業部門雇用者数が予想を下回る弱い数字だった一方で、

失業率は市場予想通りの改善となりました。

前回の米雇用統計まとめ   

市場予想ほどではないものの、米経済は堅調に推移しているような印象です。

 

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 乱高下の後、やや下落

・ドル 乱高下の後、やや下落

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。


では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 8月" »

2018年7月 8日

米雇用統計まとめ 7月 失業率のサプライズの悪化に対してマーケットの反応は?

2018年7月6日(金)21:30

非農業部門雇用者数(6月)21:30
結果 21.3万人 予想よりも強い数字
予想 19.5万人
前回 24.4万人(22.3万人から修正)上方修正

失業率(6月)21:30
結果 4.0% 予想よりも悪い なんと悪化!サプライズの悪材料
予想 3.8%
前回 3.8%

コメント

今月の米雇用統計は、

非農業部門雇用者数が強い数字だった一方で、

失業率が突然0.2%の悪化というサプライズの悪い数字となりました。

  

今まで堅調・好調な数字が続いて来た米雇用統計ですが、陰りが見えてきました。

前回の米雇用統計まとめ     
    
   

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 乱高下の後、元の水準にいってこい

・ドル 乱高下の後、元の水準にいってこい

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。


では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 7月 失業率のサプライズの悪化に対してマーケットの反応は?" »

2018年6月 3日

米雇用統計まとめ 6月 サプライズの好結果に対して、マーケットの反応は??

2018年6月1日(金)21:30

失業率(5月)21:30
結果 3.8%  予想を上回る改善 サプライズの好結果   
予想 3.9%
前回 3.9%

非農業部門雇用者数(5月)21:30
結果 22.3万人 予想を上回る強い数字 サプライズの好結果
予想 19.0万人
前回 15.9万人(16.4万人から修正)下方修正


コメント

今月の米雇用統計は、

非農業部門雇用者数の前回数値が若干の下方修正だったものの、

非農業部門雇用者数、失業率、ともに市場予想を上回るサプライズの好結果となりました。

明らかに好材料と言えるでしょう。

米経済の力強さを明確に示しています。

前回の米雇用統計まとめ


常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 爆上げ

・ドル 爆上げ

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。


では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 6月 サプライズの好結果に対して、マーケットの反応は??" »

2018年5月 6日

米雇用統計まとめ 5月

2018年5月4日(金)21:30

非農業部門雇用者数(4月)21:30
結果 16.4万人 予想よりも弱い
予想 19.2万人
前回 13.5万人(10.3万人から修正)上方修正

失業率(4月)21:30
結果 3.9% サプライズの改善!!!好材料!!!
予想 4.0%
前回 4.1%


コメント

今月の米雇用統計は、

非農業部門雇用者数が若干弱い一方で、

失業率が市場予想を上回る0.2ポイントの改善を示し、サプライズの好結果でした。

好悪織り混ざる結果となりましたが、全体としてみると、決して悪くない結果と言えると思います。

特に失業率の大幅な改善は、米経済の力強さを明確に示しています。

前回の米雇用統計まとめ


常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 多少乱高下のあと上昇

・ドル 多少乱高下のあと上昇

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。


では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 5月" »

2018年4月 7日

米雇用統計まとめ 4月

2018年4月6日(金)21:30

非農業部門雇用者数(3月)21:30
結果 10.3万人 予想よりも弱い
予想 18.5万人
前回 32.6万人(31.3万人から修正)上方修正

失業率(3月)21:30
結果 4.1% 予想よりも弱い
予想 4.0%
前回 4.1%

コメント

今月の米雇用統計は、

非農業部門雇用者数、失業率、ともに予想よりも弱い数字となりました。

全体的には、失望、悪材料と言える結果です。

市場の期待ほどの強さがなく、景気減速懸念が急浮上してきました。

前回の米雇用統計まとめ


常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 多少乱高下のあと下落

・ドル 多少乱高下のあと下落

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。


では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 4月" »

2018年3月11日

米雇用統計まとめ 3月

2018年3月9日(金)22:30

非農業部門雇用者数(2月)22:30
結果 31.3万人 サプライズの強い数字キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
予想 20.5万人
前回 23.9万人(20.0万人から修正)上方修正

  

失業率(2月)22:30
結果 4.1% 予想よりは弱い
予想 4.0%
前回 4.1%

コメント

今月の米雇用統計は、
失業率が市場予想よりもやや弱い数字でしたが、
非農業部門雇用者数は予想よりもかなり強い数字で、前回数値も上方修正となりました。

全体的には、好材料と言える結果です。

数度の利上げ実施にもかかわらず、米経済は非常に堅調に推移しているようです。

前回の米雇用統計まとめ


常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 多少乱高下のあと上昇

・ドル 多少乱高下のあと上昇

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。


では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 3月" »

2018年2月 4日

米雇用統計まとめ 2月

2018年2月2日(金)22:30

非農業部門雇用者数(1月)22:30
結果 20.0万人 予想よりも強い結果
予想 18.0万人
前回 16.0万人(14.8万人から修正)上方修正

失業率(1月)22:30
結果 4.1% 予想どおり
予想 4.1%
前回 4.1%

コメント

今月の米雇用統計は、
失業率が市場予想どおりでサプライズなし、
非農業部門雇用者数は予想よりも強い結果で、前回数値も上方修正となりました。

全体的には、好材料と言える結果です。

米経済は非常に堅調に推移しているようです。

前回の米雇用統計まとめ


常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 多少乱高下のあと上昇

・ドル 多少乱高下のあと上昇

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。


では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 2月" »

2018年1月 7日

米雇用統計まとめ 1月

2018年1月5日(金)22:30

非農業部門雇用者数(12月)22:30
結果 14.8万人 予想を下回る数字
予想 19.0万人
前回 25.2万人(22.8万人から修正)上方修正

失業率(12月)22:30
結果 4.1% 予想どおり
予想 4.1%
前回 4.1%

コメント

今月の米雇用統計は、
失業率が市場予想どおりでサプライズなし、
非農業部門雇用者数の前回数値が上方修正だった一方で、
今回の結果は予想を大きく下回る数字でした。

全体的には、期待ほどの強さがないという感じで、やや弱い結果と言えるでしょう。

前回の米雇用統計まとめ

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 多少乱高下のあと上昇

・ドル 多少乱高下のあと上昇

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。

では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 1月" »

2017年12月10日

米雇用統計まとめ 12月

2017年12月8日(金)22:30

非農業部門雇用者数(11月)22:30
結果 22.8万人 予想よりも強い、好結果
予想 19.5万人
前回 24.4万人(26.1万人から修正)下方修正


失業率(11月)22:30
結果 4.1% 予想どおりで何のサプライズもない
予想 4.1%
前回 4.1%

コメント

今月の米雇用統計は、失業率が市場予想どおりでサプライズなし、非農業部門雇用者数の前回数値が下方修正だった一方で、今回の結果は予想よりも強いサプライズの好結果でした。

全体的には好結果、悪くないと言える内容と言えると思います。

前回の米雇用統計まとめ

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 多少乱高下のあと上昇

・ドル 多少乱高下のあと上昇

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。


では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 12月" »

2017年11月 5日

米雇用統計まとめ11月

2017年11月3日(金)21:30

非農業部門雇用者数(10月)21:30
結果 26.1万人 予想よりも弱い
予想 31.3万人
前回 1.8万人(-3.3万人から修正)上方修正

失業率(10月)21:30
結果 4.1% 予想を上回る改善
予想 4.2%
前回 4.2%

今月の米雇用統計は、

非農業部門雇用者数が市場予想より弱い数字だった一方で、

マイナス3.3万という衝撃的に悪い数字だった前回数値は上方修正でプラス1.8万、

また、失業率は市場予想据え置きに対して0.1%の改善というサプライズの好結果

好悪織り交ざっていますが、どちらかと言うと、全体的には好結果、悪くないと言える内容と言えると思います。

前回の米雇用統計まとめ

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 多少乱高下のあと上昇

・ドル 多少乱高下のあと上昇

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。

では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ11月" »

2017年10月 8日

米雇用統計まとめ 10月 サプライズの好材料と悪材料が同居のカオスな結果に!マーケットの反応は?

2017年10月6日(金)日本時間 21:30

非農業部門雇用者数(9月) 21:30
結果 -3.3万人 なんとマイナス!!サプライズの悪材料!これはインパクト大。
予想 8.0万人
前回 16.9万人(15.6万人から修正)上方修正

 

失業率(9月) 21:30
結果 4.2% サプライズの好材料!!
予想 4.4%
前回 4.4%

 

今月の米雇用統計は、

非農業部門雇用者数がなんとマイナスという、明らかな悪材料

その一方で、失業率は市場予想据え置きに対して一気に0.2%の改善というサプライズの好結果

極端に悪材料と好材料とに別れました。

マーケットの反応がどうなるのか?非常に興味深いですね。

前回の米雇用統計まとめ

 

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 狂気の大乱高下祭り

・ドル 狂気の大乱高下祭り

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

 

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。

 

では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 10月 サプライズの好材料と悪材料が同居のカオスな結果に!マーケットの反応は?" »

2017年9月 2日

米雇用統計まとめ 9月 明らかな悪材料に対してマーケットはどのように反応したか?

2017年9月1日(金)21:30

非農業部門雇用者数(8月)21:30
結果 15.6万人 予想を下回る弱い結果
予想 18.0万人
前回 18.9万人(20.9万人から修正)下方修正

失業率(8月)21:30
結果 4.4% 予想よりも悪い!悪化!
予想 4.3%
前回 4.3%

   

   

今月の米雇用統計は、

非農業部門雇用者数、前回数値、失業率、

全て予想よりも悪い数字でした!

どこからどう見ても悪材料です。

前回の米雇用統計まとめ

    

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 暴落(景気減速懸念から)

・ドル 暴落(利上げが止まる懸念から)

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

   

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。

       

では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 9月 明らかな悪材料に対してマーケットはどのように反応したか?" »

2017年8月 6日

米雇用統計まとめ 8月

2017年8月4日(金)21:30

非農業部門雇用者数(7月)21:30
結果 20.9万人 予想を若干上回る強い結果
予想 18.0万人
前回 23.1万人(22.2万人から修正)上方修正

   

失業率(7月)21:30
結果 4.3% 予想通りの改善でサプライズはない
予想 4.3%
前回 4.4%

 

   

今月の米雇用統計は、

非農業部門雇用者数が予想を若干上回る好結果

だった一方で、

失業率は予想どおりでサプライズのない結果となりました。

前回の米雇用統計まとめ

    

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 乱高下(利上げにつながる好結果は、株にとっては悪材料)

・ドル 軽くドル高

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

   

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。

       

では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 8月" »

2017年7月 9日

米雇用統計まとめ 7月

2017年7月7日(金)21:310

非農業部門雇用者数(6月)21:30
結果 22.2万人 予想を大きく上回る好結果!!
予想 17.8万人
前回 15.2万人(13.8万人から修正)上方修正!

     

失業率(6月)21:30
結果 4.4% 悪化!悪材料!
予想 4.3%
前回 4.3%

   

今月の米雇用統計は、

非農業部門雇用者数が予想を大きく上回る好結果

だった一方で、

失業率は予想を超える悪化となりました。

好悪織り交ざった結果となりましたが、

数字的には非農業部門雇用者数の好結果のほうが強く、

どちらかというと好材料、という感じの結果です。

前回の米雇用統計まとめ

    

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 乱高下(利上げにつながる好結果は、株にとっては良くない)

・ドル 乱高下の後、ドル高

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

   

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。

       

では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 7月" »

2017年6月 4日

米雇用統計まとめ 6月

2017年6月2日(金)21:30

非農業部門雇用者数(5月)21:30
結果 13.8万人 予想を大きく下回る弱い数字
予想 18.2万人
前回 17.4万人(21.1万人から修正)下方修正

失業率(5月)21:30
結果 4.3% サプライズの改善!好材料!
予想 4.4%
前回 4.4%

     

今月の米雇用統計は、

非農業部門雇用者数が予想を大きく下回る弱い数字だった一方で、

失業率は市場予想を上回る改善となりました。

好悪織り交ざった結果となりました。

前回の米雇用統計まとめ

    

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 乱高下の後、元に戻るいってこい

・ドル 乱高下の後、元に戻るいってこい

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

   

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。

       

では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 6月" »

2017年5月 7日

米雇用統計まとめ 5月

2017年5月5日(金)21:30

    

非農業部門雇用者数(4月)21:30
結果 211千人 予想を超える好結果!
予想 190千人
前回 79千人(98千人から修正)下方修正

失業率(4月)21:30
結果 4.4% 予想を超える好結果!
予想 4.6%
前回 4.5%

     

今月の米雇用統計は、

非農業部門雇用者数の前回値が下方修正だったものの、

非農業部門雇用者数、失業率、ともに市場予想を超えるサプライズの好結果となりました。

明らかな好材料と言えると思います。

前回の米雇用統計まとめ

    

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 爆上げ

・ドル 爆上げ

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

   

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。

       

では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 5月" »

2017年4月 9日

米雇用統計まとめ 4月

日本時間 2017年4月7日(金)21:30

    

非農業部門雇用者数(3月)21:30
結果 98千人 サプライズの弱い結果!悪材料!
予想 180千人
前回 219千人(235千人から修正)下方修正

 

失業率(3月)21:30
結果 4.5% サプライズの改善!好材料!

予想 4.7%
前回 4.7%

     

今月の米雇用統計は、

非農業部門雇用者数がサプライズの弱い結果だった一方で、

失業率はサプライズの好結果となりました。

  

好悪どちらにもサプライズの材料で、どちらとも言えない、判断の難しい結果となりました。

前回の米雇用統計まとめ

    

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 乱高下していってこい

・ドル 乱高下していってこい

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

   

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。

       

では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 4月" »

2017年3月12日

米雇用統計まとめ 3月

日本時間 2017年3月10日(金)22:30

    

非農業部門雇用者数(2月)22:30
結果 235千人 サプライズの好結果!
予想 200千人
前回 238千人(227千人から修正)上方修正!

   

失業率(2月)22:30
結果 4.7% 予想どおりの改善!
予想 4.7%
前回 4.8%

     

今月の米雇用統計は、

失業率は市場予想どおりの0.1%改善でとどまりましたが、

非農業部門雇用者数は予想を超えるサプライズの好結果でした。

また、前回数値は若干の上方修正となりました。

  

明らかな好材料と言っていい結果と思います。

前回の米雇用統計まとめ

    

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 爆上げ

・ドル 爆上げ

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

   

少なくとも、ドル安になる材料とは思えません。

  

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。

       

では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 3月" »

2017年2月 5日

米雇用統計まとめ 2月

日本時間 2017年2月3日(金)22:30

 

非農業部門雇用者数(1月)22:30
結果 227千人 予想を大きく超えるサプライズの好結果!!
予想 180千人
前回 157千人(156千人から修正)上方修正

        

失業率(1月)22:30
結果 4.8% 予想よりも悪い
予想 4.7%
前回 4.7%

     

今月の米雇用統計は、

失業率が予想を超える0.1%の悪化であった一方で、

非農業部門雇用者数は予想を大きく超えるサプライズの好結果でした。

また、前回数値は若干の上方修正となりました。

  

好悪織り混ざった結果となりましたが、

どちらかというと好材料

と言っていい結果と思います。

前回の米雇用統計まとめ

    

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 多少乱高下のあと上昇

・ドル 多少乱高下のあと上昇

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

   

  

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。

       

では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 2月" »

2017年1月 8日

米雇用統計まとめ 1月

日本時間 2017年1月6日(金)22:30

  

非農業部門雇用者数(12月)22:30
結果 156千人 予想よりも弱い
予想 175千人
前回 204千人(178千人から修正)上方修正

   

失業率(12月)22:30
結果 4.7% 予想どおり悪化
予想 4.7%
前回 4.6%

        

     

今月の米雇用統計は、

非農業部門雇用者数が予想を下回る弱い数字であった一方、

前回数値は若干の上方修正

失業率は、市場予想どおりの0.1%悪化となりました。

  

好悪織り混ざった結果となりましたが、

どちらかというと、悪材料寄りの弱い結果

と言っていい結果と思います。

前回の米雇用統計まとめ

    

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 多少乱高下のあと下落

・ドル 多少乱高下のあと下落

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

   

  

グローバル的な視点で見ると、

米国はドルのジャブジャブ供給終了、利上げサイクルに入りましたが(金融引き締め)

その一方で、欧州、日本は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)、

という状況で、

ドル高になりやすい経済環境ではあります。

       

では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 1月" »

アーカイブリスト: 1  2  3  4  5  6  7  8

Sponsored Link

オススメのFX本

オススメ1位
マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣
必読。実戦経験を積むと、この本の偉大さがわかります。

オススメ2位
生き残りのディーリング決定版―相場読本シリーズ<10>矢口 新
中級以上へのステップアップに。

オススメ3位
投資苑 - 心理・戦略・資金管理
中級以上へのステップアップに。

入門にオススメ
外国為替トレード 勝利の方程式


Amazon Kindleストア

カテゴリー


全記事

FX業者手数料比較 当ブログで管理している、FX業者比較検索サイトです。国内最大のデータベースを自負しています。手数料順、スワップポイント順、キャンペーンをしている業者さん、くりっく365参加業者さんなど20以上の条件を組み合わせて比較検索が可能です。【サイトはこちら

アーカイブ

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログポリシー

当ブログは、リンクフリー、トラックバックフリーです。 ご自由にどんどんやっちゃってください。
投資系ブログ・サイト様の相互リンクも大募集中です。

Mail: fx@fxtechnical.net (スパム対策の為に@を全角にしています。送信時には半角の@に直してください。)

当ブログからの引用は、当ブログ名を記載し、引用元へのリンクを張っていただければ、 自由にしていただいてかまいません。
(盗用に対しては、著作権法および民法上の権利を行使させていただきます。)

フィードを取得

RSS 2.0  ATOM
お気に入りに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスカウンタ