記事カテゴリ: FXトレード雑記

2007年7月18日

1998年9月LTCM破綻前後のチャートおさらい 円安バブル崩壊の様子

アジア時間に円高、欧米時間に円安という

奇妙な相場が続いている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

   

本日早朝に以下のようなニュースが流れました。

Bear said one of its funds was worth nothing and another worth less than a 10th of its value from a few months ago after its subprime trades went bad, according to a letter Bear circulated and to people briefed by the firm.

The Wall Street investment bank -- known for its bond-trading savvy -- has had to put up $1.6 billion in rescue financing.

Subprime Uncertainty Fans Out - WSJ.com より

  

ファンドの破綻といえば、1998年9月のLTCM破綻が思い出されます。

1998年は、春に改正外為法が施行されて個人のFX取引が解禁され、

現在と同じように世界中で円キャリートレードが盛んに行われていました。

ドル円とクロス円は空前の高値を示現していました。

  

この1998年の円安バブルはどのように破綻したのか、

当時のチャートを調べてみました。

   

ロシア財政危機とは、ロシアの財政が悪化したところへアジア通貨危機の余波も受けて発生した債務不履行(デフォルト)並びに、一連の経済危機を指す。

狭義には、1998年8月17日にキリエンコ政府並びにロシア中央銀行の行った対外債務の90日間支払停止と、これに起因するルーブル下落、キャピタル・フライトなどの経済的危機を指す。

ロシア財政危機 - Wikipediaより

   

1998年9月23日、ニューヨーク連銀理事会室は緊迫した雰囲気に包まれていた。協議の席にはウォール街の大手銀行の全頭取とニューヨーク証券取引所議長、多くのヨーロッパ資本の銀行の幹部らが、ずらりと並んでいた。かつて巨額の利益を得て羨望を集めたが破綻した債券取引会社、ロングターム・キャピタル・マネージメント(LTCM)を救済する異例の善後策を話し合うために召集されたのだった。 同年9月18日ごろには誰の目にも崩壊寸前である事が明らかとなっていた。

LTCM - Wikipedia より

   
ドル円

ag333.JPG 

ag332.JPG

    

ユーロドル

ag335.JPG

ag334.JPG

   

ポンド円

ag336.JPG

   

NYダウ

ag0100.JPG

   

チャートを見れば明らかなように、

LTCM破綻は直接的には限定的な影響しかありませんでした。

2週間ほどはほとんど材料視されず、

10/6までは円安バブルが再開する気配すらありました。

   

しかし10/6に、突然超円高が襲ってきました。

円安バブルの崩壊です。

   

なんと、わずか三日で崩壊しました。

   

何が言いたいかというと、ファンドの破綻は表面的な事象にすぎず、

水面下では「何か」が着々と進行しており、

ある日突然材料も何もない中、

バブルが崩壊するということです。 

   

円売りをしている方は、必ず利益確定のストップを入れておいた方がいいと思います。

気をつけてください。

   

■この記事をスマートフォン対応版で表示するスマホ版で表示
■口座開設で 《もれなくプレゼント》 キャンペーン
 【もれなくプレゼント全一覧はこちら
■テクニカル分析入門メルマガ
メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ
■人気ランキング FX比較 なんでも人気ランキング
 アンケート形式による、人気業者人気投資本などのランキングを公開中!
■この記事のカテゴリ
FXトレード雑記
■関連記事
今年のドル円相場を大予想(2017年) ドル円1978~2016年のデータを徹底検証!!ドル円の年間予想レンジは!?5年ボトムサイクル理論によると、○○の可能性が高い。年足たくり線の意味。 -2017年1月02日
2016年 米大統領選 値動きまとめ(ドル円、その他) -2016年11月09日
【緊急警報】ドル円、トライアングルの下抜けにトライか? -2016年9月26日
【EU】イギリス国民投票開始【終わりの始まり?】今後の流れ -2016年6月23日
イギリス、EU離脱決定 値動きの記録 30分足、5分足 -2016年6月24日
今年の相場を大予想(2016年) ドル円1978~2015年のデータを徹底検証!!ドル円の年間予想レンジは!? -2016年1月02日
【緊急警報】ドル円、上方ブレイクのトライへ 3度目の正直? 最終防衛戦争 -2015年5月20日
まもなく、米雇用統計の発表です。過去の値動きまとめ -2014年11月07日
【緊急警報】ドル円、崩壊寸前。時間足でダブルトップフォーメーション -2014年11月27日
2014年大晦日、年末のご挨拶、2014年の相場を振り返って -2014年12月31日
今年の相場を大予想(2015年) ドル円1978~2014年のデータを徹底検証!!ドル円の年間予想レンジは!?1ドル140円突破!!?? 中国ハイパーバブルついに崩壊? -2015年1月02日
スイスフラン大暴騰、スイス中銀が突如政策金利を-0.75%に引き下げて、ユーロ/スイスフランEUR/CHFの1.20下限策(無制限為替介入)を中止!!マーケットの反応まとめ -2015年1月16日
まもなく、BOE、ECB金利の発表です。過去の値動きまとめ -2014年11月06日
【緊急警報】ドル円はダイヤモンド・フォーメーションへ・・・ッ! -2014年10月07日
ドル円日足は波動転換 -2014年6月03日
【緊急警報】ドル円できれいなアセンディング・トライアングル形成中、コンティニュエイション・パターン -2014年6月17日
【緊急警報】ドル円激しい攻防、時間足のトレンドラインが鉄壁 -2014年6月24日
【緊急警報】ドル円が大爆発の秒読み段階です -2014年6月25日
まもなく、ECB政策金利、米雇用統計の発表です。前回の米雇用統計の値動きおさらい -2014年7月03日
ドル円、日足の雲抜け -2014年3月11日
ドル円週足で示現している「包み線」とは -2014年3月11日
ドル円ロングは損切り、大相場の予感(ブロードニングフォーメーション、ダイヤモンドフォーメーションの可能性) -2014年3月14日
【警報】ドル円時間足は完璧なウェッジ形成中、ウェッジの教科書的な意味は・・・ -2014年2月24日
【緊急警報】もうそろそろ・・・?ドル円爆発寸前、ユーロドルは30分足がダイヤモンド・フォーメーション!! -2014年2月25日
【緊急警報】まもなくドル円がブレイクアウト?ウェッジフォーメーション -2014年2月26日
【警報】ドル円、ウェッジフォーメーションまだ継続、緊張状態は続く -2014年2月26日
【緊急警報】いよいよ来るか!!??終わりの始まり?ドル円ウェッジフォーメーションのゆくえ -2014年2月27日
【緊急警報】ドル円、ウェッジフォーメーションを下抜け、終わりの始まり? -2014年2月27日
薄利撤退、ウクライナ緊張緩和 -2014年3月05日
【緊急警報】ドル円が面白いことになってきました、時間足がキレイなチャート -2014年2月05日
■この記事のID:644

Sponsored Link

オススメのFX本

オススメ1位
マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣
必読。実戦経験を積むと、この本の偉大さがわかります。

オススメ2位
生き残りのディーリング決定版―相場読本シリーズ<10>矢口 新
中級以上へのステップアップに。

オススメ3位
投資苑 - 心理・戦略・資金管理
中級以上へのステップアップに。

入門にオススメ
外国為替トレード 勝利の方程式


Amazon Kindleストア

カテゴリー


全記事

FX業者手数料比較 当ブログで管理している、FX業者比較検索サイトです。国内最大のデータベースを自負しています。手数料順、スワップポイント順、キャンペーンをしている業者さん、くりっく365参加業者さんなど20以上の条件を組み合わせて比較検索が可能です。【サイトはこちら

最近のエントリー

Sponsored Link

アーカイブ

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログポリシー

当ブログは、リンクフリー、トラックバックフリーです。 ご自由にどんどんやっちゃってください。
投資系ブログ・サイト様の相互リンクも大募集中です。

Mail: fx@fxtechnical.net (スパム対策の為に@を全角にしています。送信時には半角の@に直してください。)

当ブログからの引用は、当ブログ名を記載し、引用元へのリンクを張っていただければ、 自由にしていただいてかまいません。
(盗用に対しては、著作権法および民法上の権利を行使させていただきます。)

アクセスカウンタ