« 2009年11月 | メイン | 2010年1月 »

2009年12月 アーカイブ

2009年12月31日

2009年大晦日 年末のご挨拶 2009年の為替相場まとめ

まもなく2009年も終わろうとしております。

今年の相場の記録をここに残します。

(↓今日撮影、2009年最後の夕陽。ニコンD40)

DSC_6118jpgfine_.JPG

続きを読む "2009年大晦日 年末のご挨拶 2009年の為替相場まとめ" »

2009年12月28日

行く年来る年 バブル再起動?ユーロドル エリオット第四波動へ

今週の超重要経済指標・イベント

月曜日 Mon Dec 28 
All Day  NZD  Bank Holiday    (ボクシングデー)
All Day  AUD  Bank Holiday      
All Day  GBP  Bank Holiday      
All Day  CAD  Bank Holiday
     
   

火曜日 Tue Dec 29  
24:00  USD  CB Consumer Confidence 消費者物価指数  
    

水曜日 Wed Dec 30 
23:45  USD  Chicago PMI   シカゴ購買部協会景気指数 
  

木曜日 Thu Dec 31 
All Day  JPY  Bank Holiday    大晦日(東京市場休場)
All Day  EUR  German Bank Holiday      
All Day  EUR  Italian Bank Holiday      
22:30  USD  Unemployment Claims    新規失業保険申請件数 

※ご利用のFX業者の取引時間に注意しましょう。  

金曜日 Fri Jan 1     ( 元旦)
All Day  NZD  Bank Holiday      
All Day  AUD  Bank Holiday      
All Day  JPY  Bank Holiday   
All Day  CHF  Bank Holiday      
All Day  EUR  French Bank Holiday      
All Day  EUR  German Bank Holiday      
All Day  EUR  Italian Bank Holiday      
All Day  GBP  Bank Holiday      
All Day  CAD  Bank Holiday      
All Day  USD  Bank Holiday
   

※ご利用のFX業者の取引時間に注意しましょう。  

参考:Forex Calendar @ Forex Factory(日本時間はGMT+9、DST OFF)

続きを読む "行く年来る年 バブル再起動?ユーロドル エリオット第四波動へ" »

2009年12月27日

タペストリー・プライスアクション(TPA)理論 その1 概要 【FX・株のテクニカル分析入門 第142号】

先ほど、メルマガ最新号

FX・株のテクニカル分析入門 第143号 

TPA理論 その2 タペストリー第1理論(&日本の経常収支、累積経常黒字まとめ)

を発行致しました。

メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ

以下は前号のバックナンバーです。

続きを読む "タペストリー・プライスアクション(TPA)理論 その1 概要 【FX・株のテクニカル分析入門 第142号】" »

2009年12月24日

緊急警報 ユーロドル、下降チャネルブレイクアウトの件

ユーロドルが時間足下降チャネルをブレイクしました。

続きを読む "緊急警報 ユーロドル、下降チャネルブレイクアウトの件" »

2009年12月23日

【緊急警報】ユーロドル まもなく、週足の雲の上に到達

ユーロドルで買いチャンスがやってまいりました。

続きを読む "【緊急警報】ユーロドル まもなく、週足の雲の上に到達" »

2009年12月21日

メリークリスマス!ユーロドル時間足下降チャネルに大注目!買いチャンス目前

今週の超重要経済指標・イベント

月曜日 Mon Dec 21 
22:30  CAD  Core Retail Sales 小売売上高
  

火曜日 Tue Dec 22 
6:45  NZD  Current Account   経常収支
18:30  GBP  Current Account    経常収支
24:00  USD  Existing Home Sales    中古住宅販売件数
  

水曜日 Wed Dec 23 
6:45  NZD  GDP
All Day  JPY  Bank Holiday       天皇誕生日(東京市場休場)
18:30  GBP  MPC Meeting Minutes BOE議事録
22:30  CAD  GDP
24:00  USD  New Home Sales  新築住宅販売件数
    

木曜日 Thu Dec 24  クリスマスイブ
All Day  EUR  German Bank Holiday      
All Day  EUR  Italian Bank Holiday      
22:30  USD  Core Durable Goods Orders 耐久財受注
22:30  USD  Unemployment Claims 新規失業保険申請件数

※ご利用のFX業者の取引時間に注意しましょう。

金曜日 Fri Dec 25   クリスマス
All Day  NZD  Bank Holiday      
All Day  AUD  Bank Holiday      
All Day  CHF  Bank Holiday      
All Day  EUR  French Bank Holiday      
All Day  EUR  German Bank Holiday      
All Day  EUR  Italian Bank Holiday      
All Day  GBP  Bank Holiday      
All Day  CAD  Bank Holiday      
All Day  USD  Bank Holiday   
     

参考:Forex Calendar @ Forex Factory(日本時間はGMT+9、DST OFF)

続きを読む "メリークリスマス!ユーロドル時間足下降チャネルに大注目!買いチャンス目前" »

2009年12月20日

騰落率と騰落レシオ Up/Down Ratio その2 検証編 【FX・株のテクニカル分析入門 第141号】

先ほど、メルマガ最新号

FX・株のテクニカル分析入門 第142号 

タペストリー・プライスアクション(TPA)理論 その1 概要

を発行致しました。

メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ

以下は前号のバックナンバーです。

続きを読む "騰落率と騰落レシオ Up/Down Ratio その2 検証編 【FX・株のテクニカル分析入門 第141号】" »

2009年12月17日

FOMCまとめ 12月 各国政策金利一覧

Release Date: December 16, 2009

For immediate release
Information received since the Federal Open Market Committee met in November suggests that economic activity has continued to pick up and that the deterioration in the labor market is abating. The housing sector has shown some signs of improvement over recent months. Household spending appears to be expanding at a moderate rate, though it remains constrained by a weak labor market, modest income growth, lower housing wealth, and tight credit. Businesses are still cutting back on fixed investment, though at a slower pace, and remain reluctant to add to payrolls; they continue to make progress in bringing inventory stocks into better alignment with sales. Financial market conditions have become more supportive of economic growth. Although economic activity is likely to remain weak for a time, the Committee anticipates that policy actions to stabilize financial markets and institutions, fiscal and monetary stimulus, and market forces will contribute to a strengthening of economic growth and a gradual return to higher levels of resource utilization in a context of price stability.

With substantial resource slack likely to continue to dampen cost pressures and with longer-term inflation expectations stable, the Committee expects that inflation will remain subdued for some time.

The Committee will maintain the target range for the federal funds rate at 0 to 1/4 percent

and continues to anticipate that economic conditions, including low rates of resource utilization, subdued inflation trends, and stable inflation expectations, are likely to warrant exceptionally low levels of the federal funds rate for an extended period.  To provide support to mortgage lending and housing markets and to improve overall conditions in private credit markets, the Federal Reserve is in the process of purchasing $1.25 trillion of agency mortgage-backed securities and about $175 billion of agency debt. In order to promote a smooth transition in markets, the Committee is gradually slowing the pace of these purchases, and it anticipates that these transactions will be executed by the end of the first quarter of 2010. The Committee will continue to evaluate the timing and overall amounts of its purchases of securities in light of the evolving economic outlook and conditions in financial markets.

In light of ongoing improvements in the functioning of financial markets, the Committee and the Board of Governors anticipate that most of the Federal Reserve’s special liquidity facilities will expire on February 1, 2010, consistent with the Federal Reserve’s announcement of June 25, 2009. These facilities include the Asset-Backed Commercial Paper Money Market Mutual Fund Liquidity Facility, the Commercial Paper Funding Facility, the Primary Dealer Credit Facility, and the Term Securities Lending Facility. The Federal Reserve will also be working with its central bank counterparties to close its temporary liquidity swap arrangements by February 1. The Federal Reserve expects that amounts provided under the Term Auction Facility will continue to be scaled back in early 2010. The anticipated expiration dates for the Term Asset-Backed Securities Loan Facility remain set at June 30, 2010, for loans backed by new-issue commercial mortgage-backed securities and March 31, 2010, for loans backed by all other types of collateral. The Federal Reserve is prepared to modify these plans if necessary to support financial stability and economic growth.


Voting for the FOMC monetary policy action were: Ben S. Bernanke, Chairman; William C. Dudley, Vice Chairman; Elizabeth A. Duke; Charles L. Evans; Donald L. Kohn; Jeffrey M. Lacker; Dennis P. Lockhart; Daniel K. Tarullo; Kevin M. Warsh; and Janet L. Yellen.

FRB: Press Release--FOMC statement--December 16, 2009
http://www.federalreserve.gov/newsevents/press/monetary/20091216a.htm

   

市場予想どおりの実質ゼロ金利据え置きでした。

   

では、机上の空論ならぬ、現実のマーケットはどのように反応したのでしょうか。

   

以下のチャートを見る前に1分間、値動きを想像してみてください。

・NYダウ

・ドル円

・ユーロドル

・ユーロ円

・原油

・金

続きを読む "FOMCまとめ 12月 各国政策金利一覧" »

2009年12月16日

緊急警報 ユーロドルも完璧なチャネル示現 トレードチャンス

ユーロドル時間足で壮大なチャネルが完璧な形で示現しております。

↓はその画像です。

続きを読む "緊急警報 ユーロドルも完璧なチャネル示現 トレードチャンス" »

2009年12月15日

緊急警報 ドル円 三角保合 トライアングル ブレイク寸前

ドル円4時間足で壮大な三角が示現、

ブレイク寸前です。

続きを読む "緊急警報 ドル円 三角保合 トライアングル ブレイク寸前" »

2009年12月14日

FOMC、BOJ政策金利の週 ドル急騰の背景とは

今週の超重要経済指標・イベント

月曜日 Mon Dec 14  
8:50  JPY  Tankan Manufacturing Index  日銀短観 
  

火曜日 Tue Dec 15 
9:30  AUD  Monetary Policy Meeting Minutes     RBA(豪準備銀)政策会合議事録 
18:30  GBP  CPI 消費者物価指数  
19:00  EUR  German ZEW Economic Sentiment ZEW景況感調査 
22:30  USD  PPI 生産者物価指数
22:30 ニューヨーク連銀製造業景気指数
23:00  USD  TIC Long-Term Purchases  対米証券投資
  

水曜日 Wed Dec 16 
9:30  AUD  GDP
18:30  GBP  Claimant Count Change  失業保険申請件数
22:30  USD  Building Permits  建設許可件数
22:30  USD  Core CPI 消費者物価指数
  

木曜日 Thu Dec 17 
4:15  USD  FOMC Statement  FOMC声明
4:15  USD  Federal Funds Rate  FOMC政策金利発表  
18:30  GBP  Retail Sales 小売売上高
21:00  CAD  Core CPI 消費者物価指数
22:30  USD  Unemployment Claims 新規失業保険申請件数 
24:00  USD  Philly Fed Manufacturing Indexフィラデルフィア連銀景況指数

過去のFOMC前後の値動きはこちらでまとめています。

金曜日 Fri Dec 18 
正午ごろ 日銀政策金利
Tentative  JPY  BOJ Press Conference   
18:00  EUR  German Ifo Business Climate  IFO景況指数
     

参考:Forex Calendar @ Forex Factory(日本時間はGMT+9、DST OFF)

続きを読む "FOMC、BOJ政策金利の週 ドル急騰の背景とは" »

2009年12月13日

騰落率と騰落レシオ Up/Down Ratio その1 基本編【FX・株のテクニカル分析入門 第140号】

先ほど、メルマガ最新号

FX・株のテクニカル分析入門 第141号 

騰落率と騰落レシオ Up/Down Ratio その2 検証編

を発行致しました。

メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ

以下は前号のバックナンバーです。

続きを読む "騰落率と騰落レシオ Up/Down Ratio その1 基本編【FX・株のテクニカル分析入門 第140号】" »

2009年12月10日

ドル円、ポンド円、ユーロ円、豪ドル円、南アフリカランド円 狭スプレッド最新ランキング!ベスト40社。

弊ブログで管理しております外為FX業者比較完全データベースですが、

外為FX業者比較完全データベース.PNG

データを更新いたしました。

   

■2009.12.10
登録業者のスプレッドデータを、最新情報に更新完了しました。


ドル円往復コスト比較信託全額信託


ユーロ円往復コスト比較信託全額信託


ポンド円往復コスト比較信託全額信託


豪ドル円往復コスト比較信託全額信託


NZD円往復コスト比較信託全額信託
 
南アフリカランド円往復コスト比較信託全額信託


トルコリラ円往復コスト比較信託全額信託


ユーロドル往復コスト比較信託全額信託


※往復コスト=往復手数料+スプレッドコスト(スプレッド1=100円として計算しています。)

   

昨日(12/9水曜日)22時~23時の実提示レートを、各業者の取引画面にログインして確認しました。

  

以下は、ドル円往復コストランキング(狭スプレッドランキング)ベスト40社です。

続きを読む "ドル円、ポンド円、ユーロ円、豪ドル円、南アフリカランド円 狭スプレッド最新ランキング!ベスト40社。" »

2009年12月 7日

BOC、RBNZ、SNB、BOE各国政策金利の週 ドル円狂い上げ祭りの行方

今週の超重要経済指標・イベント

月曜日 Mon Dec 7 
22:00  EUR  ECB President Trichet Speaks   トリシェ発言
   

火曜日 Tue Dec 8 
2:00  USD  Fed Chairman Bernanke Speaks   バーナンキ発言
All Day  EUR  Italian Bank Holiday   
17:15  AUD  RBA Gov Stevens Speaks  スティーブンス発言
18:30  GBP  Manufacturing Production 鉱工業生産  
22:15  CAD  Housing Starts  住宅着工件数
23:00  CAD  BOC Rate Statement   BOC声明
23:00  CAD  Overnight Rate  BOC(カナダ中銀)政策金利  
  

水曜日 Wed Dec 9 
9:30  AUD  Trade Balance 貿易収支
  

木曜日 Thu Dec 10 
5:00  NZD  Official Cash Rate  RBNZ(NZ準備銀行)政策金利 
5:00  NZD  RBNZ Press Conference      
5:00  NZD  RBNZ Rate Statement
      
9:30  AUD  Employment Change  雇用者数変化
9:30  AUD  Unemployment Rate  失業率
17:30  CHF  Libor Rate  SNB(スイス国立銀行)政策金利
17:30  CHF  SNB Monetary Policy Assessment      
17:30  CHF  SNB Press Conference
      
Tentative  GBP  MPC Rate Statement      
21:00  GBP  Official Bank Rate BOE(英中銀)政策金利

22:30  CAD  Trade Balance  貿易収支
22:30  USD  Trade Balance  貿易収支  
22:30  USD  Unemployment Claims    新規失業保険申請件数
  

金曜日 Fri Dec 11 
22:30  USD  Core Retail Sales 小売売上高
23:55  USD  Prelim UoM Consumer Sentiment  ミシガン大消費者信頼感指数
  

 

参考:Forex Calendar @ Forex Factory(日本時間はGMT+9、DST OFF)

続きを読む "BOC、RBNZ、SNB、BOE各国政策金利の週 ドル円狂い上げ祭りの行方" »

2009年12月 6日

テクニカル分析の本質とは何か(再考) 【FX・株のテクニカル分析入門 第139号】

先ほど、メルマガ最新号

FX・株のテクニカル分析入門 第140号 

騰落率と騰落レシオ Up/Down Ratio その1 基本編

を発行致しました。

メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ

以下は前号のバックナンバーです。

続きを読む "テクニカル分析の本質とは何か(再考) 【FX・株のテクニカル分析入門 第139号】" »

2009年12月 5日

米雇用統計まとめ 12月

非農業部門雇用者数(NFP)(11月)22:30
結果 11千人減 サプライズの好材料
予想 125千人減 
前回 111千人減(190千人減から修正)(前月比)
上方修正

失業率(11月)22:30
結果 10.0% サプライズの好材料
予想 10.2% 
前回 10.2%

  

今回の米雇用統計は、何があったのか先月とはうってかわって

いきなりの好結果となりました。

失業率は10%と決して良い数字ではありませんが、

非農業部門雇用者数はいきなり11千人減という、

もう少しでプラスになってしまうんじゃないかというかなり良い数字でした。

  

常識的、ファンダメンタル分析的に考えれば、

好サプライズの米雇用統計を受けて、

・NYダウ暴騰

・ドル大暴騰(ドル円上昇、ユーロドル暴落)

となるのが自然に思えます。

   

では、この材料を受けて、マーケットはどのように動いたのでしょうか?

   

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください。

・NYダウ の値動き → 上昇?下落?

・ドル円 の値動き → 上昇?下落?

・ユーロドル の値動き → 上昇?下落?

・ユーロ円 の値動き → 上昇?下落?

・ポンドドル の値動き → 上昇?下落?

・ポンド円 の値動き → 上昇?下落?

・原油 の値動き → 上昇?下落?

・金 の値動き → 上昇?下落?

続きを読む "米雇用統計まとめ 12月" »

2009年12月 4日

ECB政策金利まとめ 12月

2009/12/03 (木) 21:45

ECB政策金利
結果 1.00% 予想通りの据え置き サプライズ一切なし
予想 1.00% 
現行 1.00%

   

22:30ごろから ECB総裁トリシェ会見

tm_g2eDioNWg0Y[1].jpg

「現在のユーロ圏金利は適切、」
経済の不透明感が依然として強い、」
物価は引き続き抑制されている、」
「最新のデータでは、依然として年内の経済活動の改善が示唆される、」
回復を支えている一部要因は一時的なものである、」
「2010年のユーロ圏経済の回復ペースは緩やかな見通し、」
インフレは近い将来に上昇へ、」
「今月の1年もの資金供給は最低応札金利の平均に連動へ、」
「2010年第1四半期には過去6ヶ月の措置を継続、」
「流動性供給措置、すべてが必要というわけではない、」
3月実施の6ヶ月物資金供給が最後になる、」
「10年GDP成長率見通しは1.1%から1.5%へ上方修正(9月時点-0.5%から+0.9%)。」
「09年GDP成長率見通しは-4.1%から-3.9%へ上方修正(9月時点-4.4%から-3.8%)。」
「10年インフレ率見通しは+0.9%から+1.7%(9月時点+0.8%から+1.6%)。」
「11年インフレ率見通しは+0.8%から+2.0%。」
「非標準的な措置は段階的に解除。」
「銀行は資本増強に向けて適切な措置をとるべき。」
「各国政府は財政不均衡是正に向けた措置を講じるべき。」
道のりはまだ険しく引き続き警戒。」
「現時点で政策金利についてのいかなる示唆も提示しないことが重要。」
「現在の金融政策アプローチは資産インフレにターゲットを合わせることを許容。」
「住宅ローン市場は上向きの成長トレンドを示す。」
「1年物資金供給オペは12月で最後となることを確認。」
「出口戦略についての決定は全員一致。」
「政策金利の検討も全員一致。」
「ECBにとってドルが強くなることが重要。」
「金融政策変更のタイミングについて何もシグナルは送っていない。」
「本日のステップは非伝統的手法の成功を反映。」
「1年物資金供給オペについての決定は中立に向かう正しい方向。」
ドバイ問題は誇張されているが警戒の必要性は再認識。」
米財務省やFRBがドルを支援すると信じている。」

   

ECB金利は、市場予想どおりの据え置きで、

全くサプライズはありませんでした。

   

そしてその後のトリシェ会見では、

景気、インフレに対してはイケイケ発言でしたが、

しつこくドル安を牽制する発言をしました。

もっとも、BOE、ECB政策金利系まとめ

を調べると分かりますが、

過去何度もトリシェは「強いドルを支持する!」と叫んでいますが、

結局は何の効果もなく、

2007~2008の空前のドル安の時は、

バブル崩壊までドル安トレンドが突き進んでいきました。

要人発言でトレンドが変わるということはありません。

   

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・ECB金利発表では材料織り込み済みで全く動かず、

・トリシェ発言(GDP、インフレ上方修正)でユーロが爆裂上昇

になるのが自然に思えます。

    

では、この材料を受けて、現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

   

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください。

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "ECB政策金利まとめ 12月" »

2009年12月 1日

FXキャンペーン最新情報!12月

弊ブログで管理しております外為FX業者比較完全データベースですが、

外為FX業者比較完全データベース.PNG

データを更新いたしました。

   

■2009.12.1

  
・キャンペーンデータを全面的に更新しました 。
  →
キャンペーン一覧
  →【もれなく1万円】プレゼントキャンペーン一覧
  →【もれなく5000円】プレゼントキャンペーン一覧
  →【もれなく3000円】プレゼントキャンペーン一覧
  →【もれなくグルメ】プレゼントキャンペーン一覧
  →【取引高に応じてキャッシュバック】プレゼントキャンペーン一覧
 
   

以下は、今月のキャンペーン一覧です。

続きを読む "FXキャンペーン最新情報!12月" »

Sponsored Link

オススメのFX本

オススメ1位
マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣
必読。実戦経験を積むと、この本の偉大さがわかります。

オススメ2位
生き残りのディーリング決定版―相場読本シリーズ<10>矢口 新
中級以上へのステップアップに。

オススメ3位
投資苑 - 心理・戦略・資金管理
中級以上へのステップアップに。

入門にオススメ
外国為替トレード 勝利の方程式


Amazon Kindleストア

カテゴリー


全記事

FX業者手数料比較 当ブログで管理している、FX業者比較検索サイトです。国内最大のデータベースを自負しています。手数料順、スワップポイント順、キャンペーンをしている業者さん、くりっく365参加業者さんなど20以上の条件を組み合わせて比較検索が可能です。【サイトはこちら

最近のエントリー

アーカイブ

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログポリシー

当ブログは、リンクフリー、トラックバックフリーです。 ご自由にどんどんやっちゃってください。
投資系ブログ・サイト様の相互リンクも大募集中です。

Mail: fx@fxtechnical.net (スパム対策の為に@を全角にしています。送信時には半角の@に直してください。)

当ブログからの引用は、当ブログ名を記載し、引用元へのリンクを張っていただければ、 自由にしていただいてかまいません。
(盗用に対しては、著作権法および民法上の権利を行使させていただきます。)

フィードを取得

RSS 2.0  ATOM
お気に入りに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスカウンタ