« 2014年8月 | メイン | 2014年10月 »

2014年9月 アーカイブ

2014年9月28日

ECB政策金利、米雇用統計の週!ドル円はバンドウォーク継続。ユーロ終わりの始まり、ユーロドルは最終戦争へ

今週の超重要経済指標・イベント

月曜早朝未来レート、米長期金利→こちら(スマホ対応) ※シカゴ投機筋ポジション  

※中国「影の銀行」デフォルト危機は回避しましたが、中国ハイパーバブル崩壊の火種はくすぶり続けています。
恐怖指数チャートなど(スマホ対応)
1998年LTCM破綻まとめ

※クリミアの件で今回ロシアが強奪に成功した場合、次は中国が尖閣(&台湾)を取りに来るでしょう。中華バブルが崩壊目前なのとタイミングが合いすぎ。近い将来、極東戦争が起こる可能性があります。→日本政府は集団的自衛権行使を認める閣議決定で、戦争準備は着々と進んでおります。

  

月曜日  Mon Sep 29
All Day EUR  German Prelim CPI ドイツ消費者物価指数
   

火曜日 Tue Sep 30 
9:00 NZD  ANZ Business Confidence 
10:45 CNY  HSBC Final Manufacturing PMI  HSBC製造業景況指数
17:30 GBP  Current Account 経常収支
18:00 EUR  CPI Flash Estimate 消費者物価指数
21:30 CAD  GDP 
23:00 USD  CB Consumer Confidence 消費者信頼感指数 
   

水曜日 Wed Oct 1
All Day CNY  Bank Holiday   香港休場(建国記念日)
10:00 CNY  Manufacturing PMI 製造業景況指数
10:30 AUD  Retail Sales 小売売上高
17:30 GBP  Manufacturing PMI  製造業景況指数
21:15 USD  ADP Non-Farm Employment Change ADP全国雇用者数
Tentative NZD  GDT Price Index GDT物価指数
23:00 USD  ISM Manufacturing PMI ISM製造業景況指数
   

木曜日 Thu Oct 2
All Day CNY  Bank Holiday 香港休場(重陽節)
10:30 AUD  Building Approvals 建設許可件数
  AUD  Trade Balance 貿易収支
17:30 GBP  Construction PMI  建設業景況指数
 20:45 EUR  Minimum Bid Rate ECB政策金利
21:30 EUR  ECB Press Conference  ドラギ会見
  USD  Unemployment Claims 失業保険申請件数

ドラギ.jpg

過去のBOE,ECB政策金利前後の値動きはこちらでまとめています。

    
  

金曜日 Fri Oct 3
All Day CNY  Bank Holiday  香港休場
All Day EUR  German Bank Holiday ドイツ休場

17:30 GBP  Services PMI サービス業景況指数
21:30 CAD  Trade Balance 貿易収支
  USD Trade Balance 貿易収支
  USD  Non-Farm Employment Change 非農業部門雇用者数
  USD  Unemployment Rate 失業率

23:00 USD  ISM Non-Manufacturing PMI ISM非製造業景況
指数

過去の米雇用統計前後の値動きはこちらでまとめています。
常識では理解不能な滅茶苦茶な値動きが多いので注意

   

参考:Forex Calendar @ Forex Factory(日本時間はGMT+9、DST OFF)

   

(今週の写真ギャラリー:タイトル:「尾瀬の木道」

DSC_0505_013

続きを読む "ECB政策金利、米雇用統計の週!ドル円はバンドウォーク継続。ユーロ終わりの始まり、ユーロドルは最終戦争へ" »

一目均衡表再入門64 型譜9 九陽連以上 【FX・株のテクニカル分析入門 第384号】

先ほど、メルマガ最新号

FX・株のテクニカル分析入門 第385号

一目均衡表再入門65

型譜10 九陽連以上 検証編

を発行致しました。

メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ

以下は前号のバックナンバーです。

続きを読む "一目均衡表再入門64 型譜9 九陽連以上 【FX・株のテクニカル分析入門 第384号】" »

2014年9月22日

スコットランドは独立ならず。ドル円は新たな世界へ。日足ボリバン+2σに沿ってバンドウォーク。ユーロドル日足はフラッグ示現しメジャードムーヴ。中国はハイパーバブル崩壊秒読み

今週の超重要経済指標・イベント

月曜早朝未来レート、米長期金利→こちら(スマホ対応) ※シカゴ投機筋ポジション  

※中国「影の銀行」デフォルト危機は回避しましたが、中国ハイパーバブル崩壊の火種はくすぶり続けています。
恐怖指数チャートなど(スマホ対応)
1998年LTCM破綻まとめ

※クリミアの件で今回ロシアが強奪に成功した場合、次は中国が尖閣(&台湾)を取りに来るでしょう。中華バブルが崩壊目前なのとタイミングが合いすぎ。近い将来、極東戦争が起こる可能性があります。→日本政府は集団的自衛権行使を認める閣議決定で、戦争準備は着々と進んでおります。

  

月曜日  Mon Sep 22 
22:00 EUR  ECB President Draghi Speaks  ドラギ発言   

火曜日 Tue Sep 23
All Day JPY  Bank Holiday 東京休場(秋分の日)    
10:45 CNY  HSBC Flash Manufacturing PMI  HSBC製造業景況指数
16:00 EUR  French Flash Manufacturing PMI 製造業景況指数
16:30 EUR  German Flash Manufacturing PMI 製造業景況指数
21:30 CAD  Core Retail Sales 小売売上高

水曜日 Wed Sep 24
7:45 NZD  Trade Balance  貿易収支
17:00 EUR  German Ifo Business Climate IFO景況指数
23:00 USD  New Home Sales 新築住宅販売件数

木曜日 Thu Sep 25
11:30 AUD  RBA Gov Stevens Speaks スティーブンス発言
21:30 USD  Core Durable Goods Orders 耐久財受注
  USD  Unemployment Claims
失業保険申請件数

 

参考:Forex Calendar @ Forex Factory(日本時間はGMT+9、DST OFF)

   

(今週の写真ギャラリー:タイトル:「大雪山黒岳」

DSC_3745_012

続きを読む "スコットランドは独立ならず。ドル円は新たな世界へ。日足ボリバン+2σに沿ってバンドウォーク。ユーロドル日足はフラッグ示現しメジャードムーヴ。中国はハイパーバブル崩壊秒読み" »

2014年9月20日

一目均衡表再入門63 型譜8 六陽連~八陽連 検証編 【FX・株のテクニカル分析入門 第383号】

先ほど、メルマガ最新号

FX・株のテクニカル分析入門

第384号 一目均衡表再入門64

型譜9 九陽連以上

を発行致しました。

メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ

以下は前号のバックナンバーです。

続きを読む "一目均衡表再入門63 型譜8 六陽連~八陽連 検証編 【FX・株のテクニカル分析入門 第383号】" »

2014年9月18日

ジム・ロジャーズ「基本的に利上げ方向なのだから、中期的にドル買い。」「日本株と中国株を買い増している。」

天才投資家ジム・ロジャーズのインタビュー記事がありましたので

ご紹介いたします。

fxtecf0230

続きを読む "ジム・ロジャーズ「基本的に利上げ方向なのだから、中期的にドル買い。」「日本株と中国株を買い増している。」" »

FOMC政策金利まとめ 9月 各国政策金利まとめ

FOMC声明 日本時間 2014/9/18 (木) 03:00ごろ発表

前回のFOMC声明はこちら

Release Date: September 17, 2014

For immediate release
Information received since the Federal Open Market Committee met in July suggests that economic activity is expanding at a moderate pace. On balance, labor market conditions improved somewhat further; however, the unemployment rate is little changed and a range of labor market indicators suggests that there remains significant underutilization of labor resources. Household spending appears to be rising moderately and business fixed investment is advancing, while the recovery in the housing sector remains slow. Fiscal policy is restraining economic growth, although the extent of restraint is diminishing. Inflation has been running below the Committee's longer-run objective. Longer-term inflation expectations have remained stable.

Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The Committee expects that, with appropriate policy accommodation, economic activity will expand at a moderate pace, with labor market indicators and inflation moving toward levels the Committee judges consistent with its dual mandate. The Committee sees the risks to the outlook for economic activity and the labor market as nearly balanced and judges that the likelihood of inflation running persistently below 2 percent has diminished somewhat since early this year.

The Committee currently judges that there is sufficient underlying strength in the broader economy to support ongoing improvement in labor market conditions. In light of the cumulative progress toward maximum employment and the improvement in the outlook for labor market conditions since the inception of the current asset purchase program, the Committee decided to make a further measured reduction in the pace of its asset purchases. Beginning in October, the Committee will add to its holdings of agency mortgage-backed securities at a pace of $5 billion per month rather than $10 billion per month, and will add to its holdings of longer-term Treasury securities at a pace of $10 billion per month rather than $15 billion per month. (量的緩和250億ドル→150億ドルへ縮小)The Committee is maintaining its existing policy of reinvesting principal payments from its holdings of agency debt and agency mortgage-backed securities in agency mortgage-backed securities and of rolling over maturing Treasury securities at auction. The Committee's sizable and still-increasing holdings of longer-term securities should maintain downward pressure on longer-term interest rates, support mortgage markets, and help to make broader financial conditions more accommodative, which in turn should promote a stronger economic recovery and help to ensure that inflation, over time, is at the rate most consistent with the Committee's dual mandate.

The Committee will closely monitor incoming information on economic and financial developments in coming months and will continue its purchases of Treasury and agency mortgage-backed securities, and employ its other policy tools as appropriate, until the outlook for the labor market has improved substantially in a context of price stability. If incoming information broadly supports the Committee's expectation of ongoing improvement in labor market conditions and inflation moving back toward its longer-run objective, the Committee will end its current program of asset purchases at its next meeting. However, asset purchases are not on a preset course, and the Committee's decisions about their pace will remain contingent on the Committee's outlook for the labor market and inflation as well as its assessment of the likely efficacy and costs of such purchases.

To support continued progress toward maximum employment and price stability, the Committee today reaffirmed its view that a highly accommodative stance of monetary policy remains appropriate. In determining how long to maintain the current 0 to 1/4 percent target range for the federal funds rate, the Committee will assess progress--both realized and expected--toward its objectives of maximum employment and 2 percent inflation. This assessment will take into account a wide range of information, including measures of labor market conditions, indicators of inflation pressures and inflation expectations, and readings on financial developments. The Committee continues to anticipate, based on its assessment of these factors, that it likely will be appropriate to maintain the current target range for the federal funds rate for a considerable time after the asset purchase program ends, especially if projected inflation continues to run below the Committee's 2 percent longer-run goal, and provided that longer-term inflation expectations remain well anchored.

When the Committee decides to begin to remove policy accommodation, it will take a balanced approach consistent with its longer-run goals of maximum employment and inflation of 2 percent. The Committee currently anticipates that, even after employment and inflation are near mandate-consistent levels, economic conditions may, for some time, warrant keeping the target federal funds rate below levels the Committee views as normal in the longer run.

Voting for the FOMC monetary policy action were: Janet L. Yellen, Chair; William C. Dudley, Vice Chairman; Lael Brainard; Stanley Fischer; Narayana Kocherlakota; Loretta J. Mester; Jerome H. Powell; and Daniel K. Tarullo. Voting against the action were Richard W. Fisher and Charles I. Plosser. President Fisher believed that the continued strengthening of the real economy, improved outlook for labor utilization and for general price stability, and continued signs of financial market excess, will likely warrant an earlier reduction in monetary accommodation than is suggested by the Committee's stated forward guidance. President Plosser objected to the guidance indicating that it likely will be appropriate to maintain the current target range for the federal funds rate for "a considerable time after the asset purchase program ends," because such language is time dependent and does not reflect the considerable economic progress that has been made toward the Committee's goals.

    

http://www.federalreserve.gov/newsevents/press/monetary/20140917a.htm

     

   

その後、日本時間3:30ごろから、イエレン議長会見開始

「出口戦略の公表は政策の変更を意味していない。」
「雇用は目標に向かって進展。ただ、まだ完全回復はしていない。」
「労働力の活用、極端に低い状態。」
「FOMCはインフレは徐々に目標に向かって行くと見ている。」
次回の会合で資産購入は終了へ。」(ドル→買い材料、株→売り材料)
「大半のFOMC参加者はFF金利が2017年末までに正常水準に近づくと想定。」
「今回の出口戦略計画の明示は新たな要素。」
「FF金利は金利政策伝達の主要手段に。単一水準でなく引き続きレンジとする。超過準備への付利はFF金利誘導の主要手段に。」
「翌日物リバースレポは必要に応じた使用に限定。」
「「相当な期間」の文言は機械的なものではない。景気判断に関連。」
「賃金の非常に緩慢な上昇、労働市場の緩み反映。」
「市場期待とFRBの見通しにかい離あるかは不明。」

     

     

前回のFOMCとの変更点は、QE3実施規模をさらに縮小

昨年12月まで、毎月850億ドルの流動性供給(ドルをジャブジャブに刷りまくり)

→昨年12月のFOMCで750億ドルへ縮小、

→さらに1月のFOMCで650億ドルへ縮小

→さらに3月のFOMCで550億ドルへ縮小。

→さらに5月のFOMCで450億ドルへ縮小。

→さらに6月のFOMCで350億ドルへ縮小。

→さらに7月のFOMCで250億ドルへ縮小。

→さらに今回、150億ドルへ縮小。

毎回100億ドル、約1兆円ずつの流動性供給低下です。

昨年12月までと比較すると、毎月ベースで流動性供給は18%以下まで低下です。

額にすると、毎月7兆円の流動性供給を減らしたことになります。

   

ドルをジャブジャブにする(=希薄化)ペースを緩める、ということで、

ファンダメンタル分析的にはドル高材料のはずです。

逆に、株式市場的には株安材料です。

  

金利については、金利自体は変更無し。

ゼロ金利解除の条件についても、前回とほぼ同じ内容です。

    

また、インフレについては、「インフレが2%を下回り続ける可能性は減った」とあり、

いよいよ出口に向かってラストスパート!という感になってきました。

     

ファンダメンタル分析的に考えれば、

・QE3縮小(しかも次回で終了)→ドル高株安

・いよいよ利上げ準備を臭わせる→ドル高株安

と考えるのが自然です。

    

これを受けてマーケットはどのように反応したのでしょうか。

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください。

・NYダウ の値動き → 上昇?下落?

・ドル円 の値動き → 上昇?下落?

・ユーロドル の値動き → 上昇?下落?

・ユーロ円 の値動き → 上昇?下落?

・ポンドドル の値動き → 上昇?下落?

・ポンド円 の値動き → 上昇?下落?

・原油 の値動き → 上昇?下落?

・金 の値動き → 上昇?下落?

続きを読む "FOMC政策金利まとめ 9月 各国政策金利まとめ" »

2014年9月14日

RBA、BOE議事録、FOMC金利、SNB金利、イギリス・スコットランド独立住民投票の週!ポンド相場が熱い!ドル円は新たなステージへ、消費税10%への増税断念?ドル円への影響は?

今週の超重要経済指標・イベント

月曜早朝未来レート、米長期金利→こちら(スマホ対応) ※シカゴ投機筋ポジション  

※中国「影の銀行」デフォルト危機は回避しましたが、中国ハイパーバブル崩壊の火種はくすぶり続けています。
恐怖指数チャートなど(スマホ対応)
1998年LTCM破綻まとめ

※クリミアの件で今回ロシアが強奪に成功した場合、次は中国が尖閣(&台湾)を取りに来るでしょう。中華バブルが崩壊目前なのとタイミングが合いすぎ。近い将来、極東戦争が起こる可能性があります。→日本政府は集団的自衛権行使を認める閣議決定で、戦争準備は着々と進んでおります。

  

月曜日  Mon Sep 15
All Day JPY  Bank Holiday 東京休場(敬老の日)    
  

火曜日 Tue Sep 16 
10:30 AUD  Monetary Policy Meeting Minutes RBA議事録    
14:30 JPY  BOJ Gov Kuroda Speaks  クロダ講演 
17:30 GBP  CPI 消費者物価指数
18:00 EUR  German ZEW Economic Sentiment ZEW景況感調査
21:30 CAD  Manufacturing Sales 製造業売上高
  USD  PPI 生産者物価指数
  

水曜日 Wed Sep 17
1:45 CAD  BOC Gov Poloz Speaks 
17:30 GBP  Average Earnings Index 
  GBP  Claimant Count Change  失業保険申請件数
  GBP  MPC Asset Purchase Facility Votes BOE議事録
  GBP  MPC Official Bank Rate Votes  
21:30 USD  Core CPI 消費者物価指数
  
  

木曜日 Thu Sep 18
3:00 USD  FOMC Economic Projections 
  USD  FOMC Statement  
  USD  Federal Funds Rate FOMC政策金利発表
3:30 USD  FOMC Press Conference   イエレン会見

過去のFOMC相場の値動きはこちらでまとめています。

7:45 NZD  GDP 
15:35 JPY  BOJ Gov Kuroda Speaks クロダ会見
 16:30 CHF  Libor Rate スイス中銀政策金利発表
  CHF  SNB Monetary Policy Assessment
 
17:30 GBP  Retail Sales 小売売上高 
21:30 USD  Building Permits 建設許可件数
  USD  Unemployment Claims 失業保険申請件数 
21:45 USD  Fed Chair Yellen Speaks イエレン発言
23:00 USD  Philly Fed Manufacturing Index フィラデルフィア連銀景況指数
   

金曜日 Fri Sep 19
All Day GBP  Scottish Independence Vote スコットランド独立住民投票→ポンド相場が壮絶な乱高下の可能性あり    

02568x
21:30 CAD  Core CPI 消費者物価指数
  CAD  Wholesale Sales ホールセールス売上高
  

土曜日 Sat Sep 20
Day 1 ALL  G20 Meetings G20

 

参考:Forex Calendar @ Forex Factory(日本時間はGMT+9、DST OFF)

   

(今週の写真ギャラリー:タイトル:「銀泉台」

DSC_4424_123

続きを読む "RBA、BOE議事録、FOMC金利、SNB金利、イギリス・スコットランド独立住民投票の週!ポンド相場が熱い!ドル円は新たなステージへ、消費税10%への増税断念?ドル円への影響は?" »

2014年9月13日

一目均衡表再入門62 型譜7 六陽連~八陽連 【FX・株のテクニカル分析入門 第382号】

先ほど、メルマガ最新号

FX・株のテクニカル分析入門 第383号

一目均衡表再入門63

型譜8 六陽連~八陽連 検証編

を発行致しました。

メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ

以下は前号のバックナンバーです。

続きを読む "一目均衡表再入門62 型譜7 六陽連~八陽連 【FX・株のテクニカル分析入門 第382号】" »

2014年9月 8日

RBNZ金利の週。祭りの後。ドル円と人類の行方。ドル円日足はトップ・リバーサル・デー、しかもアウトサイド・デー!要注意!飛びついて買わない方が良いと思います。

今週の超重要経済指標・イベント

月曜早朝未来レート、米長期金利→こちら(スマホ対応) ※シカゴ投機筋ポジション  

※中国「影の銀行」デフォルト危機は回避しましたが、中国ハイパーバブル崩壊の火種はくすぶり続けています。
恐怖指数チャートなど(スマホ対応)
1998年LTCM破綻まとめ

※クリミアの件で今回ロシアが強奪に成功した場合、次は中国が尖閣(&台湾)を取りに来るでしょう。中華バブルが崩壊目前なのとタイミングが合いすぎ。近い将来、極東戦争が起こる可能性があります。→日本政府は集団的自衛権行使を認める閣議決定で、戦争準備は着々と進んでおります。

  

月曜日  Mon Sep 8
All Day CNY  Bank Holiday 中秋節  
  Tentative CNY  Trade Balance 貿易収支
21:30 CAD  Building Permits 建設許可件数
     

火曜日 Tue Sep 9  
17:30 GBP  BOE Gov Carney Speaks  
  GBP  Manufacturing Production 製造業生産高
   

水曜日 Wed Sep 10
22:45 GBP  Inflation Report Hearings 
   

木曜日 Thu Sep 11
6:00 NZD  Official Cash Rate RBNZオフィシャル・キャッシュレート
  NZD  RBNZ Monetary Policy Statement     
  NZD  RBNZ Press Conference     
  NZD  RBNZ Rate Statement
     
10:30 AUD  Employment Change 雇用者数変化
  AUD  Unemployment Rate 失業率 
  CNY  CPI 消費者物価指数
21:30 USD  Unemployment Claims  失業保険申請件数
   

金曜日 Fri Sep 12
15:05 JPY  BOJ Gov Kuroda Speaks クロダ発言
21:30 USD  Core Retail Sales 小売売上高
22:55 USD  Prelim UoM Consumer Sentiment ミシガン大消費者信頼感指数
  

土曜日 Sat Sep 13
14:30 CNY  Industrial Production 工業生産高

 

参考:Forex Calendar @ Forex Factory(日本時間はGMT+9、DST OFF)

   

(今週の写真ギャラリー:タイトル:「長崎湾」

DSC_5378_558

続きを読む "RBNZ金利の週。祭りの後。ドル円と人類の行方。ドル円日足はトップ・リバーサル・デー、しかもアウトサイド・デー!要注意!飛びついて買わない方が良いと思います。" »

2014年9月 7日

一目均衡表再入門61 型譜6 一陰介在五陽連 検証編 【FX・株のテクニカル分析入門 第381号】

先ほど、メルマガ最新号

FX・株のテクニカル分析入門

第382号 一目均衡表再入門62

型譜7 六陽連~八陽連

を発行致しました。

メルマガ購読・解除
ど素人でもできる!FX・株のテクニカル分析入門
   
powered by まぐまぐトップページへ

以下は前号のバックナンバーです。

続きを読む "一目均衡表再入門61 型譜6 一陰介在五陽連 検証編 【FX・株のテクニカル分析入門 第381号】" »

2014年9月 6日

米雇用統計まとめ 9月!のるかそるか

2014/09/05 (金) 21:30

非農業部門雇用者数(8月)
結果 142千人 予想よりも弱い!!
予想 230千人
前回 212千人(209千人から修正)上方修正

     

失業率(8月)
結果 6.1% 予想どおりの改善、サプライズは無い
予想 6.1%
前回 6.2%

    

今月の米雇用統計は、

非農業部門雇用者数は予想を下回る弱い数字で、

失業率は予想どおりのサプライズの無い数字となりました。

    

市場の期待ほどではありませんが、

一進一退を繰り返しながら、

米経済は着々と回復しているような印象です。

    

  

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・NYダウ 初動は失望売りとなるが、カウンターが入って乱高下の後、元の水準よりやや下の位置に戻る

・ドル 初動は失望売りとなるが、カウンターが入って乱高下の後、元の水準よりやや下の位置に戻る

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

   

また、グローバル的な視点で見ると、

米国はQE3縮小で、ドルのジャブジャブ供給を絞りつつある(金融引き締め)

その一方で、欧州、英国は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)。

となると、ファンダメンタル分析的に考えると、

対ユーロ、対ポンドで、ドルの価値が上昇するのが

自然な論理的帰結のように思えます。(=ユーロドル、ポンドドル下落)

     

では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

    

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "米雇用統計まとめ 9月!のるかそるか" »

2014年9月 5日

BOE、ECB政策金利まとめ 9月 ECB利下げ断行に、マーケットの反応は?

2014/09/04 (木) 20:00

英中銀政策金利
結果 0.50% 予想どおりの据え置き
予想 0.50%
現行 0.50%

資産買入枠 3750億ポンドに据え置き

    

2014/09/04 (木) 20:45

ECB政策金利
結果 0.05% サプライズの利下げ!青天の霹靂
予想 0.15%
現行 0.15%

上限金利の限界貸出金利を0.30%に引き下げ
下限金利の中銀預金金利をマイナス0.20%に引き下げ

                

21:30ごろから ECB総裁ドラギ会見

ドラギ.jpg 

広範囲なABSポートフォリオの購入を開始する」(量的緩和スタート)
カバードボンドの買い入れも10月から実施
「新たな措置はTLROとともにバランスシートにかなりの影響与える」
「必要に応じた他の措置活用の決意で全会一致」
4-6月の経済動向は予想より弱かった
「主要国間には金融政策サイクルにかなりの違い」
一連の措置が寄与しインフレ率は2%近くへ」(希望)
「インフレへのリスクを注意深く監視」
「物価への地政学的、為替による影響を注視」
EU基準インフレ率、今後数カ月間は前年比で低水準にとどまる見通し」
2015、16年はインフレが緩やかに上昇する見通し
利下げの決定は全会一致ではなかった
ECBの金利は下限制約に達した
「構造改革への取り組みの勢いを強める必要」
「財政再建の進展を後退させるべきではない」
「量的緩和について議論した」
一部委員は一段の行動望んだ
「この日決定の措置の主な目的は信用緩和」
今回の決定以上、もしくは以下の措置求める意見あった
「現段階でABS購入の規模を試算するのは困難」
「金利に非常に低水準、テクニカル的な追加措置は不可能」
量的緩和は民間資産あるいは公的資産、もしくは両方で可能
「全般的にインフレ期待が下振れ」
中期インフレ見通しは8月に悪化した
8月の指標の多くが景気回復の勢い鈍化示す
「ABS購入はTLTRO強化と判断されるべき」
新規・既存・不動産ABSなどが対象
インフレ率は景気回復と為替、世界成長、金融政策により上昇へ」(希望)
下向きのインフレトレンドは一時的
「構造改革について真剣な討議を」
デフレは見られない

   

   

BOE政策金利は、予想どおりの据え置きで何のサプライズも無し。

   

その後のECB政策金利は、予想どおりの据え置き、、、、かと思いきや、

突然、利下げを断行しました。

サプライズの悪材料です。

    

その後のECB総裁ドラギ会見は、

追加緩和を臭わせる一方で、

これでデフレに突入することは防げる!これで安心だ!というような自信のようなものも垣間見えました。(実際には、ECBの希望にすぎない)

いずれにせよ、利上げは相当先のことになりそうです。

    

ECBは依然として金融緩和の方向を向いており、

金融引き締めの方向に舵を切った米FRBとは完全に方向が逆です。

ファンダメンタル分析的にユーロ高になる材料では全くありません。

  

常識的、ファンダメンタル分析的に考えると

・BOE金利では、材料織り込み済みで動かず、

・ECB金利で、ユーロ暴落

・ドラギ会見で、ユーロ暴落、

となるのが、ファンダメンタル分析的に自然に思えます。

   

また、グローバル的な視点で見ると、

米国はQE3縮小で、ドルのジャブジャブ供給を絞りつつある(金融引き締め)

その一方で、欧州、英国は、いまだに従来のジャブジャブ通貨供給を続けている(金融緩和、通貨の希薄化)。

となると、ファンダメンタル分析的に考えると、

対ユーロ、対ポンドで、ドルの価値が上昇するのが

自然な論理的帰結のように思えます。(=ユーロドル、ポンドドル下落)

     

では、この材料を受けて、

机上の空論ならぬ現実のマーケットはどのように動いたのでしょうか?

ファンダメンタル分析の通りに動いたのでしょうか?

    

↓のチャートを見る前に1分間想像してみてください

・ユーロドル の値動き

・ユーロ円 の値動き

・ポンドドル の値動き

・ポンド円 の値動き

・ドル円 の値動き

・原油 の値動き

・金 の値動き

・NYダウ の値動き

続きを読む "BOE、ECB政策金利まとめ 9月 ECB利下げ断行に、マーケットの反応は?" »

2014年9月 1日

FXキャンペーン最新情報!9月!

弊ブログで管理しております外為FX業者比較完全データベースですが、

外為FX業者比較完全データベース.PNG

データを更新いたしました。

    

■2014.9.1

・キャンペーンデータを全面的に更新しました 。

キャンペーン一覧

【もれなく1万円】プレゼントキャンペーン一覧

【もれなく5000円】プレゼントキャンペーン一覧

【もれなく3000円】プレゼントキャンペーン一覧

【取引高に応じてキャッシュバック】プレゼントキャンペーン一覧

     

※注目のキャンペーン

     

■期間限定 特別タイアップ企画!■
当サイトからアルパリジャパンに口座開設+10万円入金+1往復取引で、もれなく3000円キャッシュバック!(なんと1000通貨~でOK!!!)

タイアップバナー

  

  

以下は、今月のキャンペーン一覧です。

続きを読む "FXキャンペーン最新情報!9月!" »

Sponsored Link

オススメのFX本

オススメ1位
マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣
必読。実戦経験を積むと、この本の偉大さがわかります。

オススメ2位
生き残りのディーリング決定版―相場読本シリーズ<10>矢口 新
中級以上へのステップアップに。

オススメ3位
投資苑 - 心理・戦略・資金管理
中級以上へのステップアップに。

入門にオススメ
外国為替トレード 勝利の方程式


Amazon Kindleストア

カテゴリー


全記事

FX業者手数料比較 当ブログで管理している、FX業者比較検索サイトです。国内最大のデータベースを自負しています。手数料順、スワップポイント順、キャンペーンをしている業者さん、くりっく365参加業者さんなど20以上の条件を組み合わせて比較検索が可能です。【サイトはこちら

最近のエントリー

アーカイブ

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログポリシー

当ブログは、リンクフリー、トラックバックフリーです。 ご自由にどんどんやっちゃってください。
投資系ブログ・サイト様の相互リンクも大募集中です。

Mail: fx@fxtechnical.net (スパム対策の為に@を全角にしています。送信時には半角の@に直してください。)

当ブログからの引用は、当ブログ名を記載し、引用元へのリンクを張っていただければ、 自由にしていただいてかまいません。
(盗用に対しては、著作権法および民法上の権利を行使させていただきます。)

フィードを取得

RSS 2.0  ATOM
お気に入りに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスカウンタ